ソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』~うたの心をあなたに~

ソプラノ歌手・ボイストレーナーの和泉聰子のブログ。HPは http://lulu-hikichan.jimdo.com

合唱指導をしている時に私が与えたい事

2017-10-01 23:42:30 | お仕事
今日はお昼に中学校PTA合唱の2つの本番、
午後は高校PTA合唱の練習と合唱三昧でした😊


中学校PTAの今日の曲は

1.joiful joiful (讃美歌)
2.いつも何度でも
3.アメイジング グレイス

アメイジング グレイスは英語歌詞と日本語歌詞が入っているもの。なかなか素敵な女声三部の編曲でした。

joiful joiful は讃美歌のソプラノ、アルトを基本とした1番とソプラノ、同じ歌詞でテノールオクターブ上げの2番をつなげたもの。冒頭のつかみが華やかになりました。


いつも何度でも、も繰り返し歌ううちに
言葉が話すように自然に流れてきました。
とてもいい感じ✨

今回は何と言ってもフルートが入った事。
前奏、間奏、後奏にフルートが入り、より華やかに立体的になった感じ。


音楽を通して仲間が広がったのも嬉しいです♪


最初は公民館の生涯学習フェスティバル、

2回目の本番は、バザールのイベントとして
レストランの中で。

バザールに集まった大人から子供まで
喜んで聞いて下さいました💕


余興になる程度のレベルまであがってきたのは嬉しいことです。


そんな喜びの中、
午後の練習のため電車移動で
高校PTA合唱の稽古場へ🚆


高校PTA合唱の方は
12/3のコンサートのための新曲を2つ練習しました。


日本語のものと英語のゴスペルもの。


日本語のものは私、うるさいですから!
言葉がきれないように歌うコツを伝授しつつ、優しい気持ちで歌っても身体が緩みすぎないよう発声にも気をつけて指導しました。



ゴスペルものは元の讃美歌を歌ってから
リズム読みをして音程をつけて
身体に落とし込んでいきました。


まだまだ時間はあるので
次回以降もっと身体にしみつけていこうと思います。




こうして書いていると
テクニックやら発声やら
厳しく指導しているようだけれど
合唱指導をしている時に
私が一番大切にしているのは


いかに楽しんでもらえるか


です。


合唱練習が楽しい❣️
稽古に来るのが楽しみ❣️
みんなと歌うのが楽しい❣️
先生の顔をみると元気がでる❣️


確かに難しい曲はあるし、
できない事もあると思うのですが
音楽って出来なければやっちゃいけないものではないでしょう。


特に合唱はみんなで声をあわせるもの。
出来ないところ、補いあって歌っていけばいいし
楽しく歌っているうちに出来て来るところもあるし。


そもそも編曲ならば
出来るように変えたっていいし。


みんなと一緒に歌う声に包まれて
のびのび歌ったら、
なんて楽しいことでしょう❣️❣️❣️



っていう時間を与えたい。



出来なくてゴメンね

とか

下手だから歌わない

とか、
そんな思いをしないで
合唱を、音楽を楽しんでもらいたい。


それだけなんです。



私は指揮の専門でもないし
合唱指揮のエキスパートでもないけれど
合唱を楽しんでもらう時間を
提供する自信はついてきました😆😆


それはやっぱり
自分が音楽が好きだからかな。
音楽の良さをつたえたい。
みんなが楽しく幸せになるように。


Be happy !



高校PTA合唱のコンサートのテーマのように
私の指導を受ける皆さんが
元気で幸せになるよう
私のパワーを注ぎますね💖💖


来週は村上の合唱団のコンサートにお邪魔して自分も歌ってきます♪


再来週は小学校のバザー、お祭りで
中学校PTA合唱の演奏。


その次の週末はフィガロの結婚。


毎週本番が続きます。


体調整えて10月も駆け抜けます🎉





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞浜

2017-09-29 10:58:48 | お仕事
今日もまずは舞浜のブライダルから。

明るい日差し、背の高い樹々
日本じゃないみたいだね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンサートの企画 妄想から実現へ

2017-06-12 23:31:39 | お仕事
いろんなコンサートの企画が
頭の中にポツポツ浮かぶ今日この頃。


しばしば舎のFacebookに


とあったので
キーボードやギターを持って来てくれる人と
気の張らないコンサートをしてみたいと思った。

今月、こんな催し物もあるようだから


それをもじって
『夏の夜、ビールでも飲みながら
ゆる〜く音楽を楽しむコンサート』
とか言ったりして。

南の島でのんびりと音楽を楽しんで
会話を楽しんで
出会いを楽しめるような
神経が休まるようなコンサートをしたら
楽しいだろうなぁ💕




またこの近くに立派なベーゼンドルファーがあるサロンがあるらしい。
広くはないけれど、
少人数の少しリッチな、マニアックな
クラシックコンサートをしてみたい。

プーランクの連作歌曲やモノオペラ 人間の声
山田耕筰作曲の 芥子粒夫人

私の好きな日本歌曲やフランス歌曲を聴いてもらいたい。

日本歌曲はいろんな詩人の作品があるから

金子みすゞ
寺山修司
茨木のり子
中原中也
やなせたかし

詩人でくくっても面白そう


来年は童謡百年のアニバーサリーイヤー
みんなの馴染みのある童謡を聴いてもらったり
みんなで歌ったりするコンサートも
やってみたいな
童謡に描かれた古き良き日本の情景
心あたたまる歌の世界をみんなで楽しみたい



ミュージカルや歌謡曲、アニメソングも
素敵なものがある
クリスマスやバレンタインに
ケーキと珈琲を飲みながら
愛の歌を聴いてもらうのも素敵✨


みんなが喜んでもらえるような
いろんなコンサートを
気の置けない音楽仲間と一緒にできたら
なんて幸せなんだろう


誰か、
一緒にこんなコンサートしましょう😆😆😆


この中のいくつかは
実現する予定ですから
皆さん、楽しみにしていてくださいね。


どんなものが聴きたいかも
教えてくださると嬉しいです😊


今日の最後は
愛鳥パルちゃんの写真で。
おやすみなさい😴









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名乗るほどの者でもないので歌います

2017-05-31 21:51:49 | お仕事
最近新しい知り合いができたり、
初めての方とお会いする機会が増えたり
ワクワクドキドキな日々が続いています。



でも実際に名乗るとき
心でいろいろ迷うんです


ソプラノ歌手です
ボイストレーナーです
声楽家です


自分は一体何者で
なんと名乗ったらしっくりくるのか?


それでずっと名刺も作りそびれていました。


でもそろそろ名刺も作ろうかな。

名乗ることが難しかったら
歌えばいい。
だから常に歌詞を間違えずに歌える歌を
たくさん持っていよう!


今日は小さな女の子に
さんぽ
を歌ってあげたら喜んでくれて嬉しかった💕
でもところどころ歌詞がとんじゃって
女の子に教えてもらっちゃった💦


こういうとき、パッと完璧に歌いたいよね


やっぱり名乗る代わりに
歌の暗譜レパートリーを増やすぞ‼️

と思ったものでした。



そんな女の子に出会った今日のしばしば舎


ザクロジュースを飲みました

しばしば舎のシンボル、しばと一緒にパチリ。



そして女の子のお母さんに
マスターと一緒に写真を撮って頂きました


そのお母さんは戸田公園でカフェをやってるみたい!

乾物食堂 サンライズcafe


こうやってまた人と繋がっていくご縁が楽しいこの頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日はあちこち移動でお仕事へ

2015-10-30 12:17:13 | お仕事
午前中の表参道ブライダルから始まりました、今日のお仕事。

ただいま次のお仕事のため
上尾に移動中です。

東北線、高崎線が東海道線につながってとても便利になりましたね。


今日はその後で鳩ケ谷に歌を教えに。


電車移動、頑張ります💪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下積み時代からだてに年をとっている訳じゃない!

2015-09-05 21:49:01 | お仕事
日付変わりましたが、昨日は朝7時前から家を出て、夜1030に家に帰ってきました。


午前中、教会のブライダルから移動して


ホテルブライダル一件


夜は魔笛の稽古へ


昨日役立ったのはコレ

初乗り170円、
200円超えも二回もあり、
四回乗ったのでもとはとれました。


素晴らしい🌟


今日ふと考えたのは

私は歌の仕事やオペラの現場に初めて出た時に、とても厳しくも暖かい先生、先輩に囲まれて、いろんな事を教えてもらって幸せだったな、ということ。


私が恵まれているというよりは
そういう時代だったのかもしれないけれど。



ブライダルの仕事にしても
演奏をうまくすること以上に
結婚するお二人に心に残るいいお式を提供したいという気持ちから
心配りや素晴らしい演奏に繋がると。



もちろん遅刻もあり得ないし
一緒に演奏する方、牧師先生とも
いいコミュニケーションをとることが
素敵な式に繋がると。



ちょっとした気の緩みもすぐ指摘されたし、その重要性も熱く語って頂いたので当たり前のことだと思っていたら、そうではない方もいた。


演奏家だから
いい演奏をすればそれでいい
、、と思っていらっしゃる方もいる。
でもブライダルは違うと思うんだ。



オペラの稽古も
素晴らしいソリストさんを間近でみたくて、市民合唱として参加したことも何回もある。


その団体の代表さんが、
いつも熱く語っておられた。


ソリストが本気になるような合唱団出なければだめだ。
合唱団がソリストをもりたて、合唱団がソリストに本気を出させる、手抜きをさせないくらい頑張らなくてはいけない、と。


ソリストとして参加するオペラでは
その逆、
さすがソリストと思わせるものをあらわさないと、と思っている。


そんな事を稽古場で学んできた。


仲良しだけど馴れ合いではない。
緊張感あふれる闘いだったな。
誰かのいいところは盗んでやろうと
必死で観ていたな、、。


あれから年だけは重ねて
どれくらい伸びたのかはわからないけれど、

仕事に対して意識高く持っていること


ありがたく思っています(*^^*)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加