ビビッド能里子トーク・サロン

心身両面の指導者として感じたこと

能里子のワンポイントアドバイス

2017-06-20 06:08:51 | 能里子のワンポイントアドバイス
 ☆効果的な「イメージ・トレーニング」
私達は気づかずに自己暗示と、イメージで生きていますが、イメージとは
「心の中のキャンバスに姿や形としてありありと思い描く」ことです。
 実は潜在意識は(無意識)は、イメージ体験も本当に体験したことも、区別が
つかないので、良いイメージを描き続けていると、その通りになりますし、悲観的な
イメージを描いていると、結果は不運になるのです。
同じ描くなら、ポジティブでプラス方向のイメージを描いた方が、幸せになる
ことは言うまでもありません。ですから目標実現させるためには、「そうなったら
良いな」ではなく、出来るだけ具体的に「すでにそうなった自分自身の姿」を
まざまざとイメージすることが大変効果的です。 

また実際に「イメージ嗅覚」や「イメージ聴覚」「イメージ触覚」も存在します。
これは決してエキセントリックなものではなく、感受性の強いタイプにはあり得る
事実です。私の経験ですが、30年近い昔、インドの聖地リシケシで、感動的な
瞑想状態を体験しました。その早朝のメディテーションホール聞いた、対岸のヒン
ズー教寺院の幻想的なコーラン、荘厳でピーンと張り詰めているけれど、その中にも
なぜか癒されるような雰囲気や匂いなど、今でもありありとまざまざと、肌で感じ
取ることができるのです。またガン治療のため入院してクライアントから
「ガンが消えた」と嬉しい報告を受けた時、全身にしびれるような感動とともに
昔の病院の匂いだったクレゾールがわたしの鼻に、強烈に感じられたこともありました。
 これはかなり感覚的な人にのみ、限られる現象かも知れませんが、現実にある状態
であるのは確かです。

 成功体験や幸せ体験があったとしたら……
 その達成感、幸福感、感動などは無論ですが、雰囲気、匂い、聞こえていた音楽
肌で感じた暖かさ、涼しさなども、しっかり潜在意識にインプットしましょう。
  するとそれらはいつでも思い出すことができて、あなたの心に未来への希望の
シンボルとなり、次へのステップアップにつながるはず。
 これは心理カウンセラーとして、大勢の夢や願望を達成するために、そのノウハウ
をアドバイスし、それらが実現できたことを経験したからです。
 これを書きながら「世界心理治療学会」でプレゼンテーションし、ホテルへ帰る
途中の歩道橋の上で、青い空を見ながら、その達成感や歓喜を体感したことをありあり
とまざまざとイメージできました。すると、「私にはそんな素晴らしい実体験がある」
「これからの未来も必ずそうなるはず」と、希望が湧いてきました。
 あなたも「強く望む願望は必ず実現できる」と信じて、良いイメージを描き続け
ましょう。
※ これは私が当時の仕事でした。でも、「何かもう一つできる」と予感し、絵の先生に
 書いて頂いた「図」ですが、?はヒーリングでした。


仕事が増えそう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 能里子風メチャ料理 | トップ | トワイライト、つれずれなる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

能里子のワンポイントアドバイス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL