風とみどりに戯れて! 

田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、

福島レポート(福島第一原子力発電所)

2017-06-14 | 福島レポート
大熊町に入ると福島第一原子力発電所が見えてきます。

送電線の鉄塔、クレーンの長いアーム、TVでよく見る光景です。
今、廃炉の現場には毎日約6千人の作業員が
被曝のリスクを負い、命がけで働いているのです。
家族はどんな思いで受け止めているのでしょうか?


このみどりの中に埋もれている家、どれだけ悔しく悲しい思いなのか・・・

国道6号から1キロ位は離れているのでしょうか?

測定器の数値はどんどん上がっていきます。
この日大熊町R6号近くのモニタリングポストの数値は、6.3マイクロシーベルトでした。


帰る人のいない家、大きく背を伸ばす草木、

何処まで走っても、黒い山が続きます。
除染特別地域(国が除染事業を進める地域)の除染情報(29/5/26時点)
仮置き場等:267ケ所、保管物数:約755万袋、
他の地域を加えたら・・・気の遠くなるような数です。

フェンスの向こう、初夏の緑はこんなに美しいのに、悔しいですね。


震災や津波は止めることの出来ない天災です、

しかし、この原発事故は人災です。絶対安全なんてあるはずがない。
これだけ広大な地域を、大勢の人々を、未来の人々をまで巻き込んだ原発事故。
この大きな痛みを伴った教訓があるのに、なぜ止められないのだろうか?
ジャンル:
東日本大震災
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島レポート2017(南相馬市... | トップ | 福島レポート(富岡町から楢... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑ばあちゃんさんへ (ミッキー)
2017-06-19 23:49:45
初夏の緑はこんなに美しいのに、悔しいですね。
家があっても帰れない。
胸が痛みます。
ミッキーさんへ (笑ばあちゃん)
2017-06-20 08:20:04
おはようございます。
ちょっと重すぎるブログですよね。
でも今感じたことを記録しておきたい、
日が経てば薄れていく自分へのために。

コメントを投稿

福島レポート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL