風とみどりに戯れて! 

田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、

タケノコのビン詰め保存

2017-04-18 | 美味しい
タケノコの季節、
旬の味は採れたてに限るが、季節外れのタケノコも見逃せない。
美味しさとじ込めたビン詰め保存の手順です。

タケノコは地上に芽を出す前に収穫というが、
とても無理な話で、まだ緑にならない芽を探すだけでも難しい。

掘りたてのタケノコ、時間が経たないうちに茹でます。

この寸胴鍋、以前は職場のレクに活躍しました、芋煮会、夏のそうめん作り・・・
今はタケノコの季節だけの出番です、隣のパスタ鍋と比べるとデカイ!

本来皮つきのまま茹でるのですが、量が多いので皮を剝いてから茹でています。
米ぬか、鷹の爪を入れて、1時間位グツグツ。
竹串が通るくらい柔らかくなったら、火を止め冷めるまでそのまま置きます。

きれいな水を何回か変えながら一日くらいあく抜き。

保存用のタケノコは、姫皮部分を取り除きます。

使う大きさにカットして、煮沸消毒したビンにギッシリ詰めます。

ビンに水を張ります、タケノコをギュッと押し込みながら水を入れていくと、
空気がプクプクと抜けていきます。

軽く蓋をして、ピンの肩まで水を張り40分位沸騰させます。
脱気処理が終えたら、蓋をしっかり閉めます(やけどしないよう気を付けて)
蓋をした瓶丸ごとドボンとつけて、10分位煮沸したら完成です。

蓋の中央がぺコンとへこんでいればOKです。
常温で、来年のタケノコが出てくるまで保存できます。

我が家の竹林、タケノコの季節は山桜の季節、
桜は高く伸びすぎて、見上げても白い花かな?って感じにしか見えない。

タケノコを掘った穴にクリスマスローズを移植してみることにした。

毎年こぼれ種の小苗が生えて、処分するのは何だか可哀そう、
この山が、クリスマスローズの群生になったら素敵かな?なんて。

問題は獣害、鹿が草刈りをしたように緑を食べていく、
ただ、クリスマスローズは毒があるから、野生の本能で避けてくれるかも、
試しに10株ほど植えてみたがどうなることか。
ここ3日ほどは無事経過、
主人は、鹿より人に盗られて腹を立てることになるからやめておけと言うが、
はたして・・・
『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イベリス、もこもこ増殖中 | トップ | 旬の山菜、こごみ(クサソテツ) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑ばあちゃんさんへ (reiko)
2017-04-19 00:58:56
たけのこ、大好きです。
スーパーでもたけのこを見かけるようになりました。ぬかと一緒に並んで売られています。
横目で見ながら「茹でてくれてあるものないかな~」と探しますがありません。⤵
寸胴大きい~。何リットルですか?こんなお鍋があればたくさんのたけのこが茹でられますね。
竹林にクリスマスローズ、すごい発想です。群生したら素敵ですね。
reikoさんへ (笑ばあちゃん)
2017-04-19 09:05:43
おはようございます。
27㎝だから、約14Lかな?久しぶりの円の体積計算(笑)
近くだったら届けるのにね、
昨日は私のテニス仲間に、
今日は主人のバド仲間、木の芽付きでお届けです。
残り物の形の悪いのが、カットしてビン詰め保存です。
適当に掘ってるから、形崩れが多いんです。

クリロの山林、もっと早く思いつけば良かった。
4~5年はかかるもんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL