風とみどりに戯れて! 

田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、

アサギマダラとフジバカマ

2016-10-13 | みどりの記録
季節により長距離移動(渡り)をする蝶アサギマダラ。
私の庭に滞在してくれたアサギマダラは、
3日目のお昼過ぎにはいなくなりました。
温かい風を求めて飛び立ったのでしょうか?

秋の南下の途中、紀伊半島から海へ飛び出していく前に、
私の庭でひと休みということだったのでしょう。

アサギマダラは、
春から夏、本州等の標高1000~2000mの涼しい高原地で繁殖し、
秋、気温が低くなると温かい地を求めて南へ移動を開始、
九州、沖縄、八重山諸島や台湾まで飛ぶ蝶もいます。

冬の間は、暖かい南の島の洞穴等で過ごします。
新たに繁殖した世代の蝶が、春から初夏にかけて南から北上し、
本州などの高原地に戻るという生活のサイクルなのです。

アサギマダラの寿命は、成虫になってから約4~5ヶ月、
春に成虫になった蝶は、初秋まで生きるので北上のみです。
逆に、秋に成虫になった蝶は、春頃まで南下して生きるのです。
一匹の蝶でみると、北上か南下かどちらか一方しか体験しないのです。

アサギマダラは幼虫の頃、キジョランという毒性のある葉を食べて、
毒成分(アルカロイド)を体にまとい、他の虫や鳥たちから身を守っています。

フジバカマも毒の成分(アルカロイド)があり、
アサギマダラのオスが集まってきます、
オスの体内でアルカイドをフェロモンに変えてメスを呼ぶのです。


来年はフジバカマをもっとたくさんに増やそう、
種まきは秋か春、結実しにくいようだけれど種採れるかな?
挿し芽は5~6月が適期、
この庭にアサギマダラがいっぱい飛来したら、
お隣の小学校の子ども達が喜ぶだろうな。
その時はマーキングして飛ばしてみよう。

アサギマダラがやって来た
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風に遊ぶキイジョウロウホト... | トップ | 柚子パン、香りも美味しい! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
3枚目or4枚目 ? (.Kom)
2016-10-14 20:09:56
 蝶の一生に思いをはせると泣けるねえ。蝶よどうしてそんなに命をかけてまで旅をするの・・・! 住処を構えて一杯呑んでりゃいいものを・・・? と、まあ年寄りの戯言でした。
 ところで、前稿の3枚目、良い写でしたが、本稿の4枚目、これはいいですねえぇぇぇ、ボケがいい。そして、蝶の頭の方が白っほくなってて、まるで蝶が別の世界にいるようです。スバラシイ!!!!!
komさんへ (笑ばあちゃん)
2016-10-14 22:26:39
ありがとうございます。
モデルが素晴らしい、それに
花が少ないので、同じところに留まってくれて
いろんなアングルを狙えました。

何より初めて咲いたフジバカマに
蝶が舞い降りてくれたことに感動しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。