風とみどりに戯れて! 

田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、

クリスマスローズ、セミダブル糸ピコちゃん

2017-03-29 | クリスマスローズ
白のセミダブルに糸ピコティ、ネクタリーにもピコティ。
素敵な花が咲きました。

やわらかいウェーブ、やさしい色。

来年も同じ色で咲いてくれるだろうか?


痩せっぽちだけど捨てるのは可哀そうと、
庭のサツキの下に植えたら、元気な株に育ちました。

今年は色々な新しい花に出会えました。
このブログに載せていない花もあるから何種類になるかな?
一覧に整理してみないと、自分でもわからないほどに増えました。
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨上がりの庭 | トップ | ブルビネラ・フロリブンダ、... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑いばあちゃんさんへ (ミッキー)
2017-03-31 00:23:07
糸ピコティ可愛い
わが家も赤ダブルの株に紛れて
白いクリスマスローズが開花しました
植えた記憶もなく交配して生えたのでしょう

笑いばあちゃんさん家と同じような子です。
うれしくなってしまいましたよ。
Unknown (大自然の法則)
2017-03-31 07:36:34
「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。
ミッキーさんへ (笑ばあちゃん)
2017-03-31 09:09:35
今年の開花株はほぼ咲き揃いました。
思いがけない子に出会える喜びで、
いつもの年よりクリロと向かい合っていました。
でも、この花は写真がむずかしいですね。
モデルは良いけど、カメラマンの腕も・・・
大自然の法則さんへ (笑ばあちゃん)
2017-03-31 09:36:42
いろんな花が咲きだしました。
たくさんの種の中から、
こうして出会えたことに感謝して
大切に育てていきたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL