風とみどりに戯れて! 

田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、

お伊勢さん菓子博2017、車で行きました。

2017-04-24 | お出かけ(三重県)
「お伊勢さん菓子博2017」が始まりました。
孫ちゃん達の学校がお休みなので24日(月)に行ってきました。

会場近くの「朝熊IC」は朝9時~17時まで出口規制があるというので、
朝早く、勢和多気ICを7時40分です。
伊勢自動車道から二見鳥羽ラインへ、車も少なくスイスイ。
朝熊ICを下りると、「伊勢あさま苑駐車場」へ誘導されました。
8時着です。駐車場料金1000円(休日は2000円)です。会場のC駐車場を狙っていたのに残念。

車で朝ごはん、シャトルバスは9時からなので歩いて15分で会場へ。
良いお天気、爽やかな朝の散歩です。

ゲート前はたくさんの人が並んでいます。(チケットは先にイオンで買っておきました)
1時間以上の行列はちょっと辛いかな?
孫ちゃん達は駐車場でもらった会場の案内を広げ、どんな順番で見るか作戦会議。
夢おかしゾーンの「お菓子にぎわい夢横丁」が子供向けです。

10時ゲートが開きました、
赤福の菓子博限定販売整理券を求めて行列が出来ています。
私だけ「祝盆」の列に並びました、12時~13時の引換券Get。

孫ちゃん達の向かった「夢!おかしゾーン」、
一方通行に決まっていて、せっかくの作戦は役立ちませんでした。

ここは大手お菓子メーカーの商品PR、
簡単なゲームやクイズでお菓子のプレゼントがあります。
ブルボンでもらったルマンドの限定品「伊勢抹茶」が美味しかった。

11時、どんどん人が増えていきます。この日は22,000人超えとか。


メインアリーナの「お菓子のテーマ館」へ、
「お菓子のテーマ館」の様子は
巨大工芸菓子の展示「お伊勢参りのにぎわい」がみごとです。


そして県内高校生の工芸菓子も素晴らしい作品です。
「全国お菓子のであい館」でたくさんのお菓子見てたらお腹がすいて・・・
孫ちゃん達は「食べ歩きおもてなし街道」でお昼ごはん。

私は「おかげ茶屋」で紅白の赤福で休憩。

赤福の「祝盆」は通常の赤福餅と白小豆を使用した白あんの赤福餅。
コーヒーorお茶がついて210円、上品な甘さでコーヒーとよく合いました。

13時、お買い物をしようと思ったら「全国のお菓子夢の市」はすごい人、
入場に90分待ち、買い物を終えたレジ待ち行列が外にあふれてまた行列。

お買い物は諦めて、「お菓子の匠工芸館」へ、ここは見逃してはいけないゾーンです。
本当にお菓子?見事なお菓子の美術館です。
お菓子の匠工芸館」の様子は

早く帰る予定でしたが、孫ちゃん達がご機嫌で、
また「夢お菓子ゾーン」や「フードコート」でお腹を満たして。

孫ちゃんがもう一度ケーキやお花を見たいと言うので再度工芸館へ。
16時過ぎ、人も少なくゆっくり作品を楽しめました。

17時過ぎ、「全国のお菓子夢の市」が待ち時間なしで入れました、ラッキー!

大急ぎでお買い物、東北、山陰、熊本・・・
カゴヘどんどん入れて・・・時間が無くて良かった(?)

最終シャトルバスが18時、一日、思う存分楽しみました。
帰り道、夕暮れの自動車道は渋滞もなく無事帰着。

ただ、私たちより1時間遅く出かけた人は、道路の渋滞に1時間以上はまってしまったそうです。
車の渋滞で会場にたどり着けず諦めて帰った人もいたようですから要注意。
『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« れもんの雫 音楽会 | トップ | お伊勢さん菓子博2017、お菓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お出かけ(三重県)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL