風とみどりに戯れて! 

田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、

庭の紫陽花

2017-06-28 | みどりの記録
朝から雨、家の中にも仕事はたくさんあるのに、
「庭仕事が出来ないなぁ」と空を見上げてしまう。

うっとうしい気分を晴らしてくれるのは、雨の中に輝く花たち。

白いガク紫陽花は我が家の古株、
大きくならないよう強剪定を繰り返しているが、元気な花。
お隣りから伸びてくる桜の枝の下できれいな花を咲かせている。

一番小さいのは、初めて花を咲かせたブルー。
Yukiちゃんから頂いたのだが、我が家では色が少し浅いみたい。


この白からピンクに変化する花、これもYukiちゃんから、
大きな株になってきました、

花も株もこんもりもまとまっていい感じ。


挿し木の子が「忘れないで・・・」と可愛い花をつけました。


庭のあちこちに咲く紫陽花、雨が良く似合います。
見る度に微妙に変化していく色、素敵です。


雫の重さに耐えられない繊細な花や、

水滴に輝く花、梅雨のひと時もいいですね。


このピンクの縁どりちゃん、

数日前の色のきれいな時の写真ですが、

今は縁どりが消えて、ピンク一色になっています。

七変化、夏の訪れに合わせ色を深めていく花たちです。
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビワ狩り、鳥になりたい | トップ | パッションフルーツ、成長が... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
不思議なアジサイ (ミッキー)
2017-06-28 22:25:00
たくさんの種類がありますね。
アジサイは毎日色が変化していくのが楽しいです。
随分前の事ですが、濃いピンクのアジサイを購入し地植えにしました。
知人が海苔の乾燥材をまくとより濃いピンクになると言われ
乾燥材を見つけると袋から出して撒き続けていました。
翌年出てきた色は、なんと 
黒に近い紫に変身でした(汗)
その後はピンクになることはなくズーット紫になったままでした。
もともと植えた場所がアルカリ性だったのか酸性だったのかは定かではありませんが
それ以来、紫からピンクに変わることはなかったですね。
ミッキーさんへ (笑ばあちゃん)
2017-06-28 23:32:27
赤や青の紫陽花が混植されている光景、よく見ますよね。
株ごとに土壌を変えている様子もないみたいだけれど、
何か方法があるのでしょうか?

ブルーの紫陽花、親元の花は濃いブルーです、
ミョウバン水でもあげようかしら?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL