風とみどりに戯れて! 

田舎暮らし、風の訪れる庭、あふれる緑たちの記録、

龍潭寺、浜松市井伊谷

2017-06-10 | お出かけ
「龍潭寺(りょうたんじ)」は、井伊家歴代当主を祀る菩提寺、
女城主「井伊直虎」の良き相談相手「南渓瑞聞」が和尚を務めていた寺院です。

行基菩薩によって733年に開創、臨済宗妙心寺派。

生前結ばれることのなかった「井伊直親」と「井伊直虎」のお墓も隣合って祀られています。

江戸時代に建立されたと龍潭寺伽藍 6棟は、静岡県指定有形文化財に認定されています。

開山堂 龍の彫刻(伝左甚五郎作)

「日本の森百選」に選ばれる美しい約1万坪の境内、

緑の木々には雨が似合います。

本堂北庭庭園は、「池泉鑑賞式庭園」
1936年に、国指定の名勝記念物に指定されています。

「さつき」が鮮やかに色づき、

龍潭寺庭園には、「不老不死」や「永遠の繁栄」の意が込められています。

心の文字形の池に白いスイレンの花、

「紫陽花」もたくさんの種類が咲き始めています。

井伊家初代共保ゆかりの井戸。
龍潭寺から歩いて3分ほど、田んぼの中井戸と碑があります。

共保は、この井戸の傍に捨てられていたのだとか。

今年のよいほ会バス旅行、46名の参加です。
浜松フラワーパークも予定していたのに、
高速道リニューアル工事の渋滞で時間が取れませんでした。
楽しみにしていたのに残念、
企画段階で工事の情報を教えてくれなかった旅行会社にも・・・。
『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浜松、NHK大河ドラマ館 | トップ | Yukiちゃんの庭、2017夏 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
笑ばあちゃんさんへ (ミッキー)
2017-06-10 19:54:21
龍潭寺 伽藍 など趣のあるお寺ですね。
井伊直虎の菩提寺。
雨の中のお庭 しっとりと落ち着いて風情があります。
いつか訪ねて見たい所です。

浜松フラワーパーク
予定コースが削除されるとがっかり。
その残念さよくわかります。

以前、南アフリカのロベン島(反アパルトヘイト 運動の活動家たちが政治犯として収容された刑務所であり マンデラさんの投獄されていた島です)現在は世界遺産になっており
ます。
島では、投獄されていた方たちが、今は自由になり観光案内をされているのだとか
この島の観光がコースに入っていたのですが
理由も告げられず 島に行く船のチケットがクローズされています。
だけでコースから外されてしまいました(涙涙)
お天気は船が欠航するような状況ではなかったのですが・・
特に海外ではこんなことは日常的だとか
でも日本では、普通に通されてはね。
やはり事前連絡がほしかったですね。


ミッキーさんへ (笑ばあちゃん)
2017-06-10 21:51:40
海外旅行はいろいろありますよね。
旅にアクシデントは当たり前かもしれないけど、
事前に情報を伝えてもらえれば、日程やコースを変える等、
回避できたのにと思うと腹が立ちます。
仲間達は優しいから、文句も言わず我慢してくれたけど、
幹事の私はやりきれない思いです。

でも、龍潭寺の緑に心癒される旅でした。

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL