blog

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

張巡草人借箭計   

2016-12-20 15:16:47 | 日記

張巡草人借箭計   

公元756年的一天,身穿盔甲的唐朝真源縣縣令張巡(公元709—757年),在雍丘(今河南耙縣)城的城頭上巡視。城中只有千餘守卒,而城下卻有4萬敵軍。雍丘十萬火急!   身為唐朝臣子,張巡誓與朝廷共激光脫毛存亡。去年——公元755 年,爆發了安祿山、史思明之亂,10萬叛軍攻占了都城長安,皇帝唐玄宗逃往成都。張巡沒有臨陣逃脫,而是去攻打真源縣附近的雍丘縣城,因為雍丘縣令令狐潮投降了安祿山。張巡占領了雍丘,卻被令狐潮的叛軍重重包圍了。   血戰兩個多月,雍丘的城牆雖然有些破損,站在城頭上的守軍一個個眼窩深陷,布滿血絲,但他們都抱著拼死一戰的決心。   張巡在城頭上巡視了一番,了解到大家手中的箭都差不多用完了,這對守城是不利的。他正在冥思苦想,忽見一個不肯下火線的傷兵坐在一個稻草捆上休息,他盯著稻草看了一陣,忽然有了主意..   月亮升到冷清清的天空,朦朧的月光安撫著戰後的大地。夜,一片寧靜。叛將令狐潮睡得正熟。忽然一個部將把他叫醒了:「報告,雍丘城頭上有情況!」   令狐潮披衣而起,借著月光向城頭望去。果然隱隱約約見靜悄悄的城牆上,有無數身穿黑衣的士兵從城頭上沿著繩索滑下城牆。「哼!張巡想來襲營!」令狐潮判斷道,於是下令弓箭手對準黑影萬箭齊HIFU發。射了好久好久;黑影終於全掉到了地上,令狐潮正要命令停止射箭,卻見那黑影卻又起身,紛紛往上爬,令狐潮忙又命令弓箭手繼續給他們一頓亂箭。這樣一直折騰到天蒙蒙亮。令狐潮這才看清,吊上城頭的「士兵」原來是身穿黑衣的稻草人。   張巡用「草人借箭」之計,白白賺了令狐潮幾十萬支箭。   幾天後,又是月夜,張巡把500 勇士縋下城去,令狐潮的哨兵以為又是「草人」,不再去報告主將。誰知租盤推介那500 勇士下得城後,匍匐著摸到敵營,一個偷襲,殺死叛軍無數。令狐潮慌亂之中顧不得部隊,自己先逃。部下也跟著逃到十多裡之外。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埃及:卡拉可希的裁判 | トップ | 狄仁傑破黃金案 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。