つぶやき

俺はホモ

見栄張るのもええ加減にせぃ!これを載せるだけに時間が喰った。

2016-10-29 20:50:21 | 出会い
平成28年10月29日

築50年以上の古びた団地の二階のババア!かなり煩い!俺の部屋まで震動する。対抗処置にバロック音楽を聴いている。こういうときは、B'zの曲がええんやけど、今は、B'zの音楽を聴きたいと言う気になれぬ。幻想の世界に行きたい。これや。子供の頃からなのか、子供の頃からや。音楽を聴くと、その世界に入って、先生に俺の思っている事を言うたことがある。ほんだら、そんな時間があるなら勉強せいと言われた。元々 吃りだったので、勉強は嫌だった。笑い者にされていた。ババア(教師)(日教組)が、俺が吃りと判っているのに、ましてや返事さえもできないほど吃りと知っていたのや!本を読めぃ!これや!

ほんで、俺の想像を絵に書いたら、そんな暇があるならと怒られていた。今の時代だったら、社会問題になっておるは!話がズレた。昨日にこの事は載せていたのや!とにかく、音楽を聴くと、脳がたかんになってまう。音楽に関心持っていた先生なのか、判らんが、また歌うときだけは、どもらんかった。

小学校四年生頃か、三年生頃か、今の時代はあるかは知らん。児童合唱団のとこまで進んでいた。後で知ったが、音楽だけではなく、他のも成績がええでなかったらあかんと知った。俺は、音楽と算数。中学生になっても、音楽と数学だけ。吃りを晒し者にされない科目なんや!中間テストの時か、期末テストの時か、忘れた。ほんまにテストした。ほんだら、カンニングと言われた。と言うのは、二年生だったか、学年で二番だったか忘れた。いつもなら、白書や。それ以来、勉学から離れた。当時から極度な近視でもあったのや!一番前の席でも、黒板の字が見えぬと知っているのや!だから、教壇の横に座らしてくれた教師もいた。時代が時代。メガネなど買える環境ではなかった。どうやって、カンニングできるのや!社会科の教師だけが信じてくれたが、他の教師は、カンニング扱いだった。

もっぱら英語は苦手と言うより、日本男児が、異国の言葉などともっていた。大人になり、パソコンを、当時は、殆どと言うより、パソコンを持っているものは、パソコンと言うものではない。中小企業のパソコンは計算機と変わらんかった。何を載せるんであった忘れた。初めてパソコンと向かったとき、英語しとけば良かったと思った。二進数だったら、英語できなくともとなった。アセンブラーは、英語辞典を買い、見もってした。何を載せるんであったか、ちと読み直す。
そうや!築50年以上の古びた団地の二階のババアの事や!このババア!古びた団地の事をマンションと言うのや!見栄張るのもええ加減にせぃ!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイエットのしたい人の朗報... | トップ | いつ頃から、パソコンと言わ... »

出会い」カテゴリの最新記事