つぶやき

俺はホモ

俺の夢はストリートヴァイオリンだったんや。

2016-10-16 20:58:36 | 出会い
平成28年10月16日

今日はと言うのか、昨日も弾いたが、30分だけ。今日のヴァイオリンは音の確認と、アーヨが弾いているヴァイオリンを聴いていた。なんでやとなる。そうすることで、ヴァイオリンに打ち込む事ができるではないかと。

無理だった。ヴァイオリンの音の確認と音階練習しかしなかった。そのかし、X-アプリに、シューベルトの歌曲と、スカルラッティのチェンバロを転送していた。

次はチャイコフスキーの交響曲と、ハイドンのを転送せねば。バロックは半分弱と言うのか、三分の一か、これで300G超してもうた。後SSDの領域は170あまりしかない。クラシックは、あまり入らん。セミクラシックも転送しようかと思ったが無理や。

それより、ヴァイオリンは、音の確認だけでも、音色に酔ってしまう。チェンバロもええ。ピアノの場合、魂を入れなかったら、音色が冷たい。たまにピアニストの中に、所所 そういうのが出る。けどオルガンはちゃう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気が変わった!死ぬなら戦争や! | トップ | レコード屋が潰れてから。 »

あわせて読む