つぶやき

俺はホモ

宇多津町役場の現業の吉田一行の威圧にとうとう耐えきれず。

2017-07-11 05:59:01 | 出会い
平成29年7月11日

宇多津町役場の現業の吉田一行の威圧にとうとう耐えきれず、辞表を出したが、その辞表ではあかんと、書き直しさされて、自己退職となった。

祐司君に、実は前からどうしようかと辞めたかった事を、話した。旧日本社会党狂信者の吉田一行の顔色伺って、胡麻すりするのが疲れていた。ましてや、常に力で抑え込む。だからいつ辞めても可笑しくない状態だった。祐司君に話していたが、黙っといてと言うていた。もう隠す必要もない。誰も信用できぬ。

退職金貰うまで生きれるか判らん。ただ、テレビ局にもメールで送る事によって、退職金貰うまで生きる糧に、してみる。退職金貰うまで、生きる糧は、テレビ局にもメールで送るが。今はいつ自殺しても可笑しくない。自殺を止めても、隙間見て自殺する。どんなこと言われようが、誰も信用できぬ。俺のためではなく、己らの身の確保のために、俺の自殺を食い止めるだけや。誰も信用できぬ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇多津町役場の現業を辞めた時。 | トップ | ジャパンネット銀行からのロ... »

あわせて読む