つぶやき

俺はホモ

俺だけが、毎日苦しんでいた。

2017-07-12 20:34:06 | 出会い
平成29年7月12日

俺が辞めてからも、毎日 旧日本社会党狂信者の吉田一行の威圧に魘されているのを、吉田一行にも同じ思いをさせるために、祐司君に裁判起こすとか、自殺で追い込むとか言うといてと頼んでいたのが、全く言うてなかった。俺だけが、毎日苦しんでいた。吉田一行は、枕高くして寝ていた。仕事でも相も変わらん事を聞かされ、ショックだった。同じ苦しみを与えたかった。纏めて、どっぼとできたらと祐司君が言うた。ほんだら、俺だけが毎日苦しんでいるだけ。昨日は、決意が決まったから、来てもうた。自殺は退職金貰って片付けてからする事を教えるため。新聞社にもメールで送った事も。

それを聞いた俺は、生きる糧になっていたのが、なっていなかった。絶望的。もう退職金貰うまで待てぬ!警察用の文章を既に書いていた。退職金貰って、片付けて、自殺する事を言おうとしたら、連絡網が全くなってなかった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次の弁護士にかけるしかない。 | トップ | 宇多津町役場と、現業の吉田... »

あわせて読む