つぶやき

俺はホモ

宇多津町役場の総務課長が、臭いものに蓋をせず、何らかな。

2017-08-09 20:50:19 | 出会い
平成29年8月9日


俺の願いが叶えれば、全てが終わる。それを、宇多津町役場の総務課長は、臭いものに蓋をしたため、何もなかったかのようになった。社民党狂信者の吉田一行の威圧、脅し、絶対的服従などと全てが、なかったかのようになってしまった。俺の辞表を見たとき、総務課長が重い腰をあげて、吉田一行を呼びつけていたら、流れは変わっていた。俺は、病院に行っていた。総務課長が隠さず、吉田一行をまたもかと、吉田一行にそれなりの事をしていたなら、宇多津町役場などと載せぬかった。定年退職なっても載せぬかった。住民生活課の課長が、総務課長からと聞いたもんだから、総務課長は、最低二回吉田一行の件で動かなあかん羽目になっているのや。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱし、完全にマシになる... | トップ | 今に思えば、覚醒剤より、酷... »

あわせて読む