つぶやき

俺はホモ

手塚治の動物ランラン、仲良しこよしではない。

2017-06-13 21:36:12 | 出会い
平成29年6月13日

気の弱い俺には、自然淘汰、人間の自然淘汰ではなく、人間以外の自然淘汰を知ると、残酷で可哀想。祐司君から売ってもた、4Kテレビが土曜日に、ヤマト運輸が持ってきた。ほんで、スカパーから、ナショジオを観た。と言うても、医師からテレビは観ないようにと言われておる。だから、数分だけど観た。民放のアンテナは設置してないから、スカパーなどしか映らない。そこで自然界の掟を観てもうた。テレビつけたら、いきなりバッファローが集団のライオンの餌食になりそうなものだった。可哀想やと、テレビを切ろうとしたら、ナレーションで、ところがと言うたので、もしかして、バッファローは助かるかもと、ドキドキしながら観た。ほんだら、バッファローの群れがライオンの集団に立ち向かった。ほんで、餌食になりそうなバッファローが助かった。そして安堵してテレビを切った。ほんで、次 頭に入ったのが、ライオンが生きていくにはと、バッファローを取り逃がしたので、ライオンは肉食なんや!獲物を取って今日まで子孫を残していると、手塚治の動物ランラン、仲良しこよしではない。ライオンが草食動物なら植物が可哀想やとなってしまう。自然界!人間の世界もそうや!弱肉強食なんや!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧日本社会党教団の見事さに... | トップ | 同士のためなら! »

あわせて読む