つぶやき

俺はホモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

疲れた。何かエエ手はないやろか。

2017-07-06 19:20:48 | 出会い
平成29年7月6日

ヴァイオリン弾けぬ。吉田一行の威圧が忘れぬ。何様のつもりな!デカイ態度を取りくさって、疲れた。そもそも俺を社民党の洗礼受けさしたのが気に食わん!殆ど脅しではないか!遠回し的に、クビにできると思わせる事を言うて、祐司君が雇われていなかったら、断っていたが、祐司君を守るために、社民党の洗礼受けた。早速 社民党のビラ配り。屈辱や!けど、断ると祐司君がと頭に入った。いつだったか祐司君は、社民党の個別訪問させられた。有無を言わさずさせおる。だから旧日本社会党教団は嫌いなんや!言うていることと、逆な事をしおる。

裁判起こすまで耐えきれるやろか。吉田一行の一番嫌がる民営化するには、自殺しか考えられぬ。

もし生きていくには、この世の尺度銭がいる。民事裁判で本来の収入を取り戻してから、刑事告訴する。刑事告訴で勝訴したら、吉田一行は、自己退職か、懲戒免職になる。ほんだら、民営化しなくてええ。次に雇われる人が、吉田一行は、有無を言わさぬ事ができなくなる。これ以上、吉田一行に抑え込まれぬようにせなあかん。

斎藤さんは、社民党の署名運動の欄に記入しなかっただけで睨まれた。あのときの、異様な空気感は凄かった。吉田一行に逆らうと、大変な事になる。何が理由を作って誤魔化すしかない。ご機嫌取りに苦労する。もう俺は公務員でないから、有無を言わさず事はされないが、後に残った人、これから採用される人の事思うと、吉田一行に何らかのダメージをと。

まず民事裁判で勝訴したら、本来の収入が取り戻せる。その銭で、刑事告訴する。ほんだら、自殺しなくてすむ。疲れた。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉田一行が勝訴したら、最終... | トップ | とにかく明日弁護士に話す。 »

出会い」カテゴリの最新記事