つぶやき

俺はホモ

マイクホンダではないが!

2017-06-10 22:08:02 | 出会い

平成29年6月10日

魔法使いサリーちゃんのパパも、この職場を辞めたいと、日に日に思っていた。当時は、旧日本社会党狂信者のマイクバカボンの親の度妬みダコが牛耳っていた!超狂信者なんや!度妬みダコの嫁はんは、ファイトアタック狂信者!

魔法使いサリーちゃんのパパは、度妬みダコから、旧日本社会党教団の洗礼受けなければ、クビにさせることできると脅されていた。魔法使いサリーちゃんのパパには、二人の子供がいた。子供を人質に、旧日本社会党教団の洗礼受けた。その後が凄い!休みなどない。よその町の選挙までは、行かされていた。選挙カーに乗って手をふるとか!ポスター貼りから、ビラ配り!度妬みダコが定年退職してから、マイクバカボンが牛耳る事となった。親の度妬みダコが辞めたから、マイクバカボンは、魔法使いサリーちゃんのパパには、よう言わん!なんぼ図体がと言うても、また いかつい顔の威圧をしたところ無理やろ!

魔法使いサリーちゃんのパパのあかんのは、ヤバくなれば、チャックに口なんや!税金泥棒 且つ詐欺師の太鼓持ちは、僕は知りませんと惚ける。普通なら、儂と言うが、怖くなると、僕と言う。

けどマイクバカボンは、絶対的服従をさせおる。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈祷師こと、小言魔人だけが... | トップ | 太鼓持ちの、もうひとつの得... »

あわせて読む