つぶやき

俺はホモ

日本国の自殺に貢献したい。

2017-06-16 21:30:15 | 出会い
平成29年6月16日

魔法使いサリーちゃんのパパに、◯◯(俺)は、前から自殺願望強いと言われていた。けど、首吊り実行する、台を蹴ろうとしたら、俺の脳裏の中に、祐司君が現れる。スクリーンの如く、遡り、現れるのや。そうなると涙が止まらん。ほんで、自殺ができない。何べんもや。今年の初めか、自殺は、焼身自殺なら、確実となった。祐司君に今日話した。ほんだら、こっちが殺人容疑で捕まると言うた。そうなるとできぬ。どうしたらエエのか。自殺するなら仕事を辞めて、退職金を貰ってから、実行すると言うたからか。心残りの祐司君に退職金をあげてから、自殺をしたい。

また日本の自殺に貢献したいのや。自殺に協力したい。一人でも自殺したら、日本の自殺の数に入る。なんや、数年前からしたら日本の自殺数は少なくなっている。だから、死ぬなら、病気ではなく、自殺したい。日本の自殺に貢献したいのや。日本の自殺に協力したいのや。

心残りの祐司君が、殺人容疑で捕まると困る。けど日本の自殺に貢献したい。どうしたらエエのか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧日本社会党教団に翻弄。 | トップ | 日本の自殺に協力したい。 »

あわせて読む