つぶやき

俺はホモ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自殺は決まったので、宇多津町会議員に送った。

2017-08-01 13:37:14 | 出会い

平成29年8月1日

 

自殺は今月中にすることが決まった。

 

また この後載せるのは、宇多津町会議員にメールで送ったもの。タイトルは、宇多津町役場の総務課長を調べてほしい。

 

俺は、中村豊 現業に勤めていた。
 
とうとう吉田一行の威圧に耐え切れず辞めた。後一年半ほど辛抱していたら定年退職だったが、これ以上無理と辞表を書いて渡した。
6月20日だったか、ブログを調べないと判らないが、住民生活課の課長に渡した。ほんだらしばらく休んだと言われた。その時は、自殺で吉田一行を追い込む、これしか頭になかった。
 
次の日だったか、これもブログを調べないと判らん。辞表の書き直し、総務課長のと言うた感じ。書き直した。
 
ほんで自殺が決まった。その事をある人に言うた。自殺するんだったら裁判起こしてくださいと言われた。その人も吉田一行に、うつ病まで追い込まれていた。
 
一応 丸亀の弁護士のところに行った。弁護士は吉田一行が賠償するのではなく、この場合、総務課長、宇多津町役場が賠償となった。なんでなのか聞いた。裁判起こすと裁判官は、俺の辞表の書き直しさして、吉田一行をなぜ呼びつけなかったと、そこを突く。
 
ほんで言うた。今の総務課長は少なくとも最低、2回吉田一行の件で動かなあかん羽目になった。一つは町民が見かねて、パッカー車のナンバーを控えて目安箱に入れて発覚した。
 
もし一つは、臨時職員が、吉田一行威圧などに耐えかねて、直訴している。この事を弁護士に話したら、尚の事裁判官がそこを突くと言うた。その時は、宇多津町役場だったのであきらめた。
 
ところが、総務課長のやり方、難癖付けて人を通して、ブログの削除に火消しに必死になっていた。ほんまの事を載せてあるのや。
 
二人の弁護士とも行政相手に起こすであれば、かなりの証拠がなかったらあかんと言われ、再度 吉田一行を追い込むに、最終的手段の自殺となった。今月中に自殺する。早ければ、来週に自殺する。各マスコミに送る準備があるから。
 
このような文書をメールで送った。
 
とにかく、どの弁護士も俺の辞表の書き直しさして、認めたのか。ほんらい認めないと言うていた。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精神疾患の人に吐いたらあか... | トップ | 宇多津役場の総務課長よ!ほ... »

出会い」カテゴリの最新記事