つぶやき

俺はホモ

吉田一行を相手なら、人権派の弁護士がつく。だから諦めた。

2017-07-12 10:37:12 | 出会い
平成29年7月12日

俺が戦おうとしていたのが、旧日本社会党狂信者の吉田一行なんや!吉田一行は、有無を言わさず、組合員の元で、社民党の運動させるほどの、力を持っている。それに立ち向かおうとしたら、人権派の弁護士は吉田一行を守るやろ。同士を攻めるなどせぬ。吉田一行が定年退職するまで、採用される人は、吉田一行に屈して、手足となって、動かな自分が危険に立たされる。吉田一行を相手にとなれば、人権派の弁護士が吉田一行の味方につく。あらゆる難癖つけて、吉田一行を擁護する。

初めに決めていた、自殺で世間に訴える手段仕方がないと決めた。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人を信用したのが、間違いだ... | トップ | 宇多津町役場の現業の旧日本... »

あわせて読む