♪スペイン語系日記♪

スペイン語&ダンス&異文化の日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思い立って

2006年01月05日 22時09分25秒 | いろんなお話
急に思い立ってブログを移転することに。
移転先は

http://miespanol.blog44.fc2.com/

まだなんにも書いてないし、やっぱりや~めたってこっちに戻って来ちゃうかもしれないけど…移転先はサイドバーがいじれるのでそこらへんが楽しみとりあえず、体裁を整えるだけでえらい疲れた…

この記事をはてなブックマークに追加

!Feliz Ano Nuevo!

2006年01月02日 03時11分56秒 | ダンスのお話
大晦日はいつものサルサクラブに行ってカウントダウンでも、人は去年より少なかった

そうそう、クリスマスサルサで踊った人とまた踊ったんだけれど、実は顔は覚えていなかったそれなのに、なんでその人だとわかったのかというと、その人はクセのある踊り方というか技のかけ方をするので、踊っている途中で(クリスマスサルサの時に踊った人だ!)とわかった。それなりに踊れる人だとは思うんだけど、ちょっとリードが強引というか強いというか、たまに振り回されているような気分になるそれから、ほかの人とだけどバチャータも踊った。バチャータを踊ると足の筋肉が変に痛むだいぶリズムは取れるようになってきたと思うんだけど、なにか踊り方を間違えてるのかな?

肝心のカウントダウンはお店の人が配ったクラッカーをみんなで鳴らしてなかなか盛り上がったそして、新年の初サルサはだれと踊ったかというと、例の強引なリードの人うーん、ちょっとイマイチ…なんて、向こうもそう思ってたりして来年のカウントダウンは六本木にでも行っちゃおうかな。例えメチャ混みだったとしても、人が少ないよりいいものね。でも、タクシーで帰れる距離にあるクラブというのも捨てがたい。ていうか、いくらなんでも来年の話はまだ早過ぎるか

帰りはクラブの近くにある神社にお参り。元旦にお参りしたのなんてホントに久しぶりだった。どうか今年もいいことがたくさんありますように。それから、バランスよく物事を考えられるようになりますようにとにかく楽しい一年になってくれるといなぁでも、神頼みの前に、まずは自分で努力しないとね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もいろいろありました

2005年12月31日 16時23分07秒 | いろんなお話
今日でもう今年も終わり。Nochevieja(大晦日)ですね。今年は本当にいろいろなことがあったなぁ。イヤなこともあったけど、全部ひっくるめればまずまず楽しい一年だったていうか、自分の行動のアホさかげんに笑える一年だったような気も来年はもうちょっと思慮深い行動を心がけよう。といいつつも、新しいことに後先考えずにどんどんチャレンジしていこうとも思ってるけど

とりあえず、引き続きの目標は、スペイン語とサルサとベリーダンスの上達かな。来年こそは、スペイン語がべらべらに、そしてサルサを軽やかに、ベリーダンスをセクシーに踊れるようになりたいその方法としては…

スペイン語サイトの内容をさらに充実させつつひたすら独学。教室を探すことも考えてみようかな?それから、スペイン語がしゃべれる機会があったら、恥ずかしがらずにひたすらしゃべる例え相手が日本語がべらべらだろうが強引にスペイン語でしゃべる

サルサレッスンを受けつつクラブでも踊る。昔のスペイン語会話でやっていたミニドラマ、『Cuba, mi amor』でのマヤの質問、「Miguel, ?cual es el secreto del baile?」(ミゲル、ダンスの秘訣はなに?)に対して、ミゲルが答えた「Es sentir la musica por dentro」(体の中で音楽を感じることだよ)を忘れずに。

ベリーダンスレッスンを受けつつ家でも自主練。体をやわらかくするためのストレッチと、筋力をつけてスタイルを整えるための筋トレを、毎日でなくてもいいから続ける。ベリーダンスでも“体の中で音楽を感じること”を忘れずに。

こんな感じかな。まあ来年も楽しみつつぼちぼちがんばっていきましょう
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スペイン語のチャットルーム

2005年12月29日 04時33分10秒 | スペイン語のお話

この前、パソコンのリカバリをしたら、各メッセンジャーが消えてしまったので、またダウンロードし直した。ヤフー・エスパニョルのメッセンジャーもドキドキしながらダウンロード字が読めなくてもなんとかなるもんだね。無事にダウンロードすることができた久しぶりにペルーの部屋に入ってみたんだけど、あいかわらずにぎわっていた。向こうは何時くらいなんだろうなぁなんて考えながら、そうだこの前ようやく使い方を知ったプリントスクリーンを使ってみようと思いつき、チャットルームの画面をプリントしてみた。向こうのチャットルームはこんな感じです…って、よく見たら、ちょっとヤバイ言葉が入ってるねうーん、まあいいか
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

悲しい小鳥

2005年12月28日 00時12分42秒 | スペイン語のお話
私のメルアドには「pajarito」(パハリト)という単語が入っている。「鳥」を意味する「pájaro」(パハロ)に縮小辞をつけて「小鳥」という意味。私的にはかわいらしくて結構気に入っていたんだけど、スペイン語人とメルアドを交換する時、必ずと言っていいほど私のメルアドを見て相手が一瞬、笑うのをうっとこらえた顔になる。私に似合わないかわいらしいメルアドだからだろうかとか思ってたんだけど、なんていうかそれがとても意味あり気な笑みなので、なにか変なところでもあるのかなとずっと気になっていた。とはいえ、「なにか変なの?」と聞いても、「ううん。かわいいメルアドだね」としか答えてくれない。なので、ずっと謎だったんだけれど、この前それがどういうことなのか判明した。一人の人がようやく「pajarito」の別の意味を教えてくれたのだ。

「『pajarito』にはね、『小さいチ●コ』って意味があるんだよ」

これを聞いた私はしばらく固まった後

「嘘でしょォォォ!!??」

と叫んでいた。いやでもそうか…だからか…だからなのか…私のメルアドを見たスペイン語人がみんな一瞬うって顔をするのは…そりゃそうだろう。相手のメルアドがいきなり「小さいチ●コ」だったらだれでもうってなるわだったらなんで早く教えてくれないんだーっって思ったけれど、そりゃ教えづらいよね…私も相手のメルアドが変な意味の日本語だったら指摘し辛いかも。いやそれにしてもさあ、メルアドが「小さいチ●コ」ってどうなのよ。ある意味、超印象的なメルアドではあるだろうけど、こんな形で印象に残りたくないし…年内の内に新しいメルアドを考えますか…今度はスペイン語人に言葉の意味を確認してから決めよう。また変な俗語だったら目も当てられないしね

ちなみに辞書に拠ると、「tener pájaros en la cabeza」(頭に鳥がいる)、「la cabeza a llena de pájaros」(頭に鳥がいっぱい)で、「頭がおかしい」という意味になるらしい。確かにそんな感じなような違うような。

この記事をはてなブックマークに追加