ちょっと蘇州へ・・・

中国と日本の文化の違いに奮闘?しながら
日々感じた事、大好きな中国ドラマなどを綴る蘇州ブログです。

中国ドラマ 『大軍師司馬懿之軍師連盟』魏の将軍司馬懿の一生を描いた歴史ドラマ始まる

2017年06月28日 | 中国ドラマ
 今年はほんとうに面白い中国ドラマがたくさん放送されますね

 先週木曜から放送された『大軍師司馬懿之軍師連盟』もその一つ。
 このドラマは三国志の魏の将軍『司馬懿』の一生が描かれるドラマです。
 
 司馬懿を中心に描かれていく三国時代とあって
 私も放送をとても楽しみにしていました。
 あの琅琊榜の完成度に最も近いドラマだ~と中国人の評価もとても高いです。


 
 (中国女性の間で男神と評されるほど人気ある主役の吴秀波)

 今回主役を演じる吴秀波(ウー・シウボ)
 (私はこの人が大好き、だって演技力もあり何といってもカッコいい!)

 二枚目役から、田舎の公務員とか、エロい弁護士とか
 主役から脇役まで何でもこなす演技派二枚目

 なんと今49歳
 そんな歳に見えるような見えないような、でもそんな事気にならないカッコよさです

 彼を知らない人は
 
 
 (4年前に中国で大ヒットした映画「北京遇上西雅图」での吴秀波(ウー・シウボ)

 ↑この映画を見てください、ステキです。


 そんな演技派の吴秀波(ウー・シウボ)だけでなく、刘涛(琅琊榜でお馴染み)、李晨、
 于和伟など、とにかく演技のしっかりできる俳優が揃っています
 なのでやっぱり一話目からもう面白ーいです


 では、簡単に簡単に1話目のあらすじを・・・


 後漢末期、司馬家では司馬懿の嫁「张春华」が第一子出産の真最中
 難産で苦しむ嫁に司馬懿は神医者と呼ばれる「华佗」に往診してもらう
 

 
 (消毒したメスを握る「华佗」)

 华佗は张春华のお腹を切って子供を取り出すしかないという
 もともと気が小さく慎重な性格の司馬懿は
 「嫁を助けてくれたら子供はいい」と慌てて言うのだが华佗は手術を行い
 無事赤ちゃんと张春华の命を救った。

 同じころ、漢の丞相「曹操」は大変な頭痛に床に臥せって神医の华佗が来るのを待っていた。
 司馬懿のお産を無事終え曹操の所に行った华佗


 
 (曹操を演じる于和伟、以前は劉備玄徳を演じてましたよね)


 曹操を診た华佗は

 
 (华佗の診たてに意見する曹操)


 この頭痛は頭を刀で開いて悪いものを取り出すか
 もしくは政治の舞台から退いて患いをなくし、空気の綺麗なところで10年間過ごせば
 治るかもしれないと言った

 华佗の診たてに自分を排除しようという企みを察知した曹操は


 

 华佗を捉えて、結果殺してしまいます、こわっ!
 (でも無実の罪ではなかったんですよ、これが)

 自分を排除しようとする分子(ここでは漢の皇帝側の人間)達を捉えると決めた曹操は
 ある計略をたてます

 朝廷を開いて大臣たちに
 国の為に働ける優秀な人材を募集するお触れを出す事、
 月に一度都で開かれる「月担評」と呼ばれるイベントには
 優秀な人材が集まるので、それを観に行くことを話します。

 それを知った曹操を排除しようとする分子(ここでは漢の皇帝側の人間)達

 
 (メンバーは董承、刘备、王子服と吉平)

 深夜集まり「月担評」のイベントに紛れて曹操を殺害する計画をたてます
 (すでに読まれてるって~!)

 
 
 (民衆が楽しみにしている月に一度開かれる「月担評」の舞台)

 「月担評」はこういう立派な舞台を組んで


 

 こんな感じで二人の才子が民衆の前でひとつの詩や画について論じ合う
 自分の見解を論じて言葉で相手を論破するのを楽しむイベント(中国人好きそう)


 
 (色々事情があって参加してしまった司馬懿)

 「月担評」が始まって白熱する司馬懿と 杨修


 

 2人の討論に見入る観衆と一番左の曹操、一番右は曹丕


 そうしている中、着々と曹操の命を狙う人達がそーっと近づいてくる
 警護甘いし大丈夫かな?と思ってると

 

 カメラ切り替わって池の中から気になる管の映像
 その後、民衆の中に隠れてた大勢の人達が曹操を襲い始めます


 

 でも水の中に潜んでいた曹操の軍が(あの管で息してたんだね、すごいわ)


 

 一気に反撃、反乱分子を片付けてしまいました

 この辺までが第1話
 第2話では、さらに反乱分子を片付けようとする曹操がホンマに怖い~~~
 司馬懿とその父も疑われ、大変なことになっていきます。

 昨夜13話では、確実に曹丕と仲良くなっていく司馬懿
 自分の奥さん「张春华」の妹「 郭照」が
 曹丕に嫁ぐこととなりました


 ちなみに第1話を見て中国人が気にしているのが
 後漢末期にメスを使ってお腹を開いたりする手術はされていたのか!
 という事らしいです(確かに)


 そして私は第13話まで見て
 今まで私が思っていた司馬懿や曹丕のイメージがこのドラマでは違っていて
 それがとても新鮮で面白いです。

 全42話、司馬懿の生涯を語るには短い回数な気がする
 とても面白いから終わらないでほしいなあ


 にほんブログ村 海外生活ブログへ
 にほんブログ村
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘇州お散歩 地下鉄4号線と無... | トップ | 中国ドラマ『楚喬傳』 現在37... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (walkerman)
2017-07-12 12:13:18
終わりません。42話は第一部だけです。後もう一部があります。来年放送するらしいです。
Unknown (いけ)
2017-07-12 13:17:24
>walkermanさんへ
コメントありがとうございます

そうなんですか!?
第2部があるんですね
短いと思ったけどそうだったんだ、納得です。
教えていただいてありがとうございます
はじめまして (Bailixiang)
2017-07-15 08:53:13
突然のコメントで失礼いたします。
軍師連盟がとても見ごたえがあって大変よかったです。
于和偉さんの曹操に引き込まれ(劉備も好きでした)、
可愛く、まさしく「忍」の司馬懿と
体育会系の張春華夫婦がとても微笑ましく、
司馬懿の新しいイメージができました。
続きが楽しみですね!
Unknown (いけ)
2017-07-16 10:18:06
>Bailixiangさんへ
はじめまして
コメントありがとうございます。
軍師連盟面白かったですね。
于和偉さんの曹操役、私もとても引き込まれました
存在感がすごくて亡くなるまでまるで主役のようでした。
「忍」の司馬懿はまさしくそのとおりで
思わず笑ってしまう場面もたくさんで
可愛かったですよね!司馬懿のファンになってしまいました(笑)
続き「大軍師军司馬懿之虎嘯龍吟」が本当に楽しみです!
(今年の秋に放送するかもの記事を読みました)
ありがとうございます! (Bailixiang)
2017-07-29 22:32:43
こんばんは。
情報ありがとうございます!!
軍師連盟ロスだったので
秋に続きが放送されると嬉しいです。
どんなストーリーが展開されるのか、
そして、似顔絵に顔が書き込まれていなかった孔明さんなどの
新しい登場人物も含めて、登場人物それぞれが楽しみです。
Unknown (いけ)
2017-07-30 10:55:02
>Bailixiangさんへ

こんにちは。
本当に楽しみですよね。
9月に放送が始まるような記事も読みましたが
中国なので確定かどうかは怪しいです(笑)
「大軍師军司馬懿之虎嘯龍吟」の『虎』は
『司馬懿』、
『龍』は『诸葛亮 』のこと、
そして今回『诸葛亮 』を演じるのは演技派の王洛勇さんです!
お互い9月を楽しみに待ちましょー(^-^)/

コメントを投稿

中国ドラマ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。