ちょっと蘇州へ・・・

中国と日本の文化の違いに奮闘?しながら
日々感じた事、大好きな中国ドラマなどを綴る蘇州ブログです。

中国映画 「楊洋」と「劉亦菲」演じる 『三生三世十里桃花』映画版を観に行った

2017年08月09日 | 中国ドラマ
 8月3日から始まった映画版『三生三世十里桃花』
 『杨洋(楊洋・ヤンヤン)』と『刘亦菲(劉亦菲・リウ・イーフェイ)』が主役を演じるとあって
 去年から楽しみにしてましたー!

 さっそく初日に見に行って来ました

 
 (夜华を演じる杨洋カッコいい~、 白浅を演じる刘亦菲キレイ~)

 映画は「白浅」が诛仙台から飛び降りたあたりから始まりました。


 この映画、中国人には結構評価低いです。
 (ドラマの出来が良すぎるから仕方ないとは思うけどな~)

 1.なんで映画にすると、こんなに大げさな雰囲気になるのか!(← 私はそうは思わない)
 2.中国風のイメージがなくなってる!(← そうだけど悪くはない)
 3.『杨洋』と『刘亦菲』の演技力に差がありすぎる! (← これはその通り)
 4.話がまとまってなくてわかりにくい(← 仕方ない、だってあの長い話を109分の映画にまとめるんですから)

 
 その結果↓


 5.そもそも映画にする意味あるのか!(← これを言っちゃおしまいだ~)


 まあ、結構きつめのお言葉が多いんです
 

 でも私がこの映画で素晴らしかったと思う点は
 映画ならではのダイナミックさがある。(← これが中国人が一番嫌がってる理由なんだけど)
 天界などの壮大な雰囲気はドラマではだせなかった

 これがドラマではなく映画館で映画を見る醍醐味だと思いました


 
 例えば


 

 天界はまさしくまさしく空の上にある感じ~

 

 
 (映画版は诛仙台がまさしく崖)

 素素が飛び降りる诛仙台
 ドラマは井戸のような穴でしたよね
 ほんとに空から飛び降りる感じで恐さにドキッとしました

 
 
 
 (たたずむ杨洋、遠目シルエットでも二枚目)

 十里桃花も映画だとさらに美しさが増します
 人間界にはない雰囲気です


 さらに


 
 (真ん中にいるのは にっくき素锦です、ここはドラマと少し話が違います)

 これが映画版の擎苍 を封印している『东皇钟』ですよ
 スケールが違うのよ、これがいいのだ


 ただ中国人の皆さんが言うように
 話はわかりにくいです

 ドラマを一度見た人であれば理解しやすい映画と言えます


 そして


 
 (衣装がいちいち大げさすぎると中国人は言うけど杨洋にムッチャ似合ってるからいいやん)

 『杨洋』やはりかなり素敵なんです
 演技も下手ではないと思うんです

 
 でも

 
 
 (さすが数々の映画にひっぱりだこの刘亦菲、演技力高し!)

 刘亦菲の白浅役が自然で素晴らしすぎて
 『杨洋』の演技が霞みがち~
 (ドラマの赵又廷 (マーク・チャオ)演じる夜华 が良すぎたんですね、きっと)


 中国人の友人に


 「杨洋」演じた「夜华」は「夜华」ではなくて「杨洋」になってた


 ややこしい日本語で感想を述べたところ


 「それだけ杨洋がカッコいいという事
 日本でもあるでしょ
 木村拓哉は演技力あるけど
 カッコ良すぎて何を演じても木村拓哉にしか見えない、そういう事」


 おぉ~
 中国人に木村拓哉を例に挙げてわかりやすく説明されてしまったわ
 (何でそんな事知ってるん!?)

 杨洋はまだ若いから、きっとこれから演技も磨いていけるはず、頑張れ~


 最後にこの映画の主題歌

 

 「那英」が歌う『三生三世十里桃花』
 この曲が毎回泣きそうになるほどステキですよ

 私的に映画はドラマに及ばなかったけど
 主題歌は巻き返してる気がする
 この映画で一番ステキなのはこの歌かもしれません


他の三生三世十里桃花の記事はこちら→


 にほんブログ村 海外生活ブログへ 
にほんブログ村 
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国ドラマ 『楚喬傳』 衝撃... | トップ | 中国ドラマ『秦時麗人明月心... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (ルーシー)
2017-08-09 19:09:20
9日夕食後検索した途端にこちらにヒット。以前ドラマでコメントしたルーシーです。お久しぶりです。またまた三生三世十里桃花でコメントできるなんてうれしいです。
映画館で見れたなんて羨ましいです。私はどういうわけか見れたのですが、、ヤンヤン頑張ってたと思いました。罗晋の無性別な折顔も面白かったし。ドラマ同様コメントに同感です。
中国の映画だから日本人の方が寛容かつ客観的に見れるのかな?俳優さん達頑張ってたと思いますが、構成と花嫁衣裳が、、、。どの場面も中途半端だったので、知らない人には何が何だかわけのわからない映画になってましたね。知ってても、疑問が残るし。特に最後の解釈が。
キムタクの解釈、的を得ていて笑っちゃいました。ヤンヤンのファンじゃないけど、ボロクソに言われてかわいそうで、これからこれから!頑張れ!と思わず応援したくなりました。
Unknown (いけ)
2017-08-09 22:02:49
>ルーシーさんへ

お久しぶりです~
私も先日見たばかりだったので、同じ話しができてほんまにコメント嬉しいです!
ヤンヤンなかなか頑張ってましたよね~。ほんまに私も特別なファンではないけど応援してます、頑張ってますもんね。罗晋も出番は意外と少なかったけど
独特な折颜を演じてました、無性別という表現に納得です、その通り。
ルーシーさんに同感でやはり自国の作品には皆厳しめの見方になるようです。中国人は日本のドラマに対してどれも高い評価を下しますので。
そして忘れてたけど、白浅の花嫁衣裳!そうでした、あれだけものすごい変わってましたね。なんであれをデザインしたのかな?この点は中国人と同様の意見になる私です(笑)ちなみに最後どう思われました?あれは白浅の夢かな?そうではなくて夜华は無事・・・?観客にゆだねる的な結論ではなくどちらかにした方が逆に余韻の残る映画になるのにと私は思いました。
中国人のキムタク解釈ですが、実際彼女は「こういうことわざがあるでしょ」的な言い方で説明してくれました。「ことわざ」の使い方微妙に間違ってるんだけど・・、でもなんだか的を得ていて納得させられますよね( ´艸`)
Unknown (Unknown)
2017-08-10 19:50:14
最後、私も今は全くわからないのですよ。とりあえず、夢ではないと勝手に思っているのですが。
映画では夜華=墨淵ではないかと解釈する人がいました。そのヒントがセリフに隠されていると。そんな風に読み取る人もいるんだなぁと感心しました。
まあ墨淵も好きだったので、浅浅と結ばれるのもありか、と妄想。いろんな人の意見を見つつ、また見て想像したいなと思ってます。
Unknown (いけ)
2017-08-10 21:49:22
なるほど、夜華=墨淵だったのではないかと!?そんなヒントあったなんてー、スゴイな(私の中国語力では読み取れなかった、へっぽこなので)。もっと何度か見て私も解釈を深めたいです。やっぱりいつまでもこのお話にはまり続けてしまいます~楽しんでるからいいんですけど(*´∀`*)

コメントを投稿

中国ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。