ゴールデン・リタイアーズ

S20年生、元企業戦士の一身二生(いちみにしょう)、ハッピーセカンドライフ実現のための徒然実践写真日記

120430:二日市温泉の老舗旅館で写真講座、撮影会

2012年04月30日 | 趣味と交遊

写真仲間から紹介されて二日市温泉の老舗旅館での写真講座と撮影会に出かけた。講師は福岡の写真家O氏、仲間が師事して7年になるプロフェッショナル。二日市温泉は地元であるが泊まったことはない。十数年前に御前湯にいったことはあるが満員でごちゃごちゃした記憶しかない。今回は温泉アート展の一環行事。
この老舗旅館はすべて木造の和風旅館でもちろんアルミサッシなどなくすべてが磨き抜かれていて中庭が美しく、今日も雨のあととて緑が目にしみる感じ。創業して半世紀以上らしいが御多分に漏れず地方旅館の経営は厳しそう。

最初に観光協会の会長から30分ばかり二日市エリアの歴史についての話があり、そのあとO氏によるよい写真の撮り方のレクチャー。
漫然と撮ってはだめでこの老舗旅館の特徴は何かをしっかり整理してそれを作品に仕上げる。デジカメは被写体の光線光量を判断して露出を決める。そのままでは平均的な写真になってしまう。それをどう撮り手の意思で作品に仕上げるか。その武器は露出補正とホワイトバランス調整。老舗とは伝統と磨き上げ。ブラッシュアップされた被写体に肉薄し、光と影を明確にとる。
さっそくそれぞれ撮影に入る。

火鉢を中央にしつらえた紫檀のテーブルが黒光りに光っている。

桟の渡り廊下が磨き抜かれ光を帯びている

大広間の天井は桃山時代をおもわせる文様が広がっている。
思い切って露出補正をしたりHBを調整することで個性的な表現になる。約1.5時間参加者それぞれの視点で撮影、講師による講評。臆面もなく最初にデータをだしてみてもらう。縦横のラインがゆがんでいることを指摘される。三脚もなくバチバチやったので確かに縦の線がまっすぐなっていない。反省。1~2点は褒められたがまだまだだね。数人がデータをだした。なかなか素晴らしい視点の作品もいくつかった。勉強になりました。この旅館もしっかり頑張ってもらい、一度は泊まりに来たいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120429:背振山登頂、尾根のコノハミヤマツツジ開花しておらず、残念!!

2012年04月29日 | 趣味と交遊

 去年12月に義兄と宝満山に登って以来半年、天拝山くらいでごまかしていたが先週その義兄から電話があり背振山尾根に群生しているコノハミヤマツツジを見に行くことになった。29日か1日かということだったが天気予報をみて29日に決める。朝7時50分出発、早良区野芥に住む義兄を迎えに行きそのまま航空自衛隊の背振レーダー基地を目指す。基地入口には車常時点灯と表示してある。どこの国でもレーダー基地は真っ先に敵の攻撃目標になる防衛のかなめらしい。入口で道を聞いた親父さんが地雷が埋まってるから気をつけてなと脅される。砂利道を登ってゆくがなにやら不気味。20分くらい登って駐車場につく。登山客らしい車が10台ばかり止めてある。巨大なレーダードームとグリーンのジープがそれらしい雰囲気を醸し出している。

 さっそく登山靴に履き替え登山装備をして金山方面へ向かう。途中、ツツジの樹はあるがまだつぼみだったり一輪くらいしか咲いておらずこれはミスったかなとおもいながら歩く。いきかう登山客に聞いてもまだ咲いていないという。つぼみがづっとついているものや一輪ばかり咲いているのやらまだ若葉だけといった風で残念ながらツツジのトンネルはまた次回。約1.5時間歩いて漁師岩につく。

 宝満山頂に似ている。筑紫山脈がパノラマ展望できる。ここで昼食。妻の作ってくれたおにぎり、卵焼き、イワシの生姜煮、おしんこがうまかった。天気もちょうどいい具合で汗もかかない。大自然の空気にひたってのしばしの休憩。無粋なおっさんがラジオを鳴らしてやってきた。こんなところまで俗世界の雰囲気を持ち込むなとはらだたしい。駐車場めざし帰途につく。帰りのほうが上りが多く疲れる。背振、金山というといろんな登り口があるらしいが今回は背振頂上まで10分のレーダー基地まで車で来たわけだから背振登山とは言えないね。15時駐車場着、一息入れて頂上までの階段道を上る

 でかいレーダードームとともに背振頂上1055mの三角点表示がなされている。殺風景な頂上ではある。ツツジがさいていれば一面、紫の絨毯のようであったに違いないが残念でした。また来年くることにする。4~5日後再訪する元気はないね。自宅についたのは18時。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120425:イライラしたり、気分が良かったり!

2012年04月25日 | アフターセブンティ

 天草撮影ツアーが中止になってここ数日、ストレスの振幅がおおきい。体験農園で汗を流しながら畝をつくり、苗を植えているときはすっかり忘れるが、家にかえり、テレビのニュースなどみているとイラついてくる。無免許の中学生の運転する軽四に通学途上の生徒や父兄がまきこまれて命を落とす。二人目の赤ちゃんを身ごもっていた妊婦が母子ともどもなくなった。死者二人じゃなく、生まれてくる赤ちゃんもいれたら3人だ。車を貸した人間は相手が無免許だあることを知らなかったのか、同乗していた同級生もことの善しあしをまったく判断できなかったのか。マスコミも事故がどう起こったかばかりを報道し、つっこんだ背景分析もほとんどない。野次馬的報道であり、コメンテイターも毎度のこととて不感症になってしまっている。

 1週間前にヤマダ電機経由で修理に出したパナソニックのレッツノートが生還してきた。バックライトの交換ということで修理依頼したが、3文字脱落していたキーボードも新品にとりかえられ帰ってきた。2週間かかると言われていたが早かった。どのメーカーでも同じような対応をしてくれるか定かではないが予想以上の対応をしてくれると嬉しいものだ。このパソコンは写真を軸としてモバイルで使うことにしよう。


先月、月2回の男の料理教室にいき、その時の講師にすすめられた原田のコミセンでの月1、1年間の料理教室が始まり参加。気楽なつもりで出席したが中高年の男ばかり20名のなずけて「ぱぱっと料理教室」。体験農園での顔見知りも1人いたがまあリタイヤするとやることは同じようなものか。会則や名簿、役員も決めたりして本格的。よさそうな人物ばかりでまあいいかというところ。今回はホイコウロウ(回鍋肉)、ポテトサラダ、えのきだけとわかめの味噌汁、あさりの酒蒸しの4品。まあ2~3手違いはあったが4名協力して出来上がる。結構味はいけてる。まあ調味料など用意してくれているから大きなミスはないのだろうが結構でした。
 
 いらいらしたり、よろこんだり、所詮は相手があるからそのギャップに反応するわけであって、生まれてくるのも一人、死ぬ時も一人と達観して静かにゆっくり生きていかないと精神衛生上よくない。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120421:牛深ハイヤ祭り撮影ツアー、雨のため中止、残念!

2012年04月21日 | 趣味と交遊

桜が散った後、庭のリキュウバイが満開になり、庭をパッと明るくしてくれていたが雨風にさらされて大方散ってしまい、庭に白いじゅうたんを敷き詰めたようになっている

 天気がよければ今頃、天草の下田温泉で新鮮なさしみに舌鼓をうちながら酒を酌み交わしていたはずだが、週間天気予報をベースに3日前に旅館をキャンセルしてしまった。

 所属している写真愛好会で21、22日、久しぶりの一泊で天草の夕日、牛深のハイヤ祭り、漁船の海上パレードを撮りに行くべくいろいろ計画、やっとこさで旅館も確保、メンバー二人の7人乗り自家用車をだしてもらって勇躍でかけるはずだったのだが天に見放されて風雨確率70%、来年四月まで延期のやむなしに至った。

 まあ思い切って出かけてしまえばそれなりに楽しく、また新発見があったかもしれないが新役員3人で決断、メンバーにも連絡、了承はえられたが残念でした。お互い歳をとってくるし来年元気でおれるかの保証はない。

「天気がどうあろうと行くと決めたら行く」というルールを作ったほうがよいかもしれないと
今、思っている次第である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120416:パソコン、レッツノートからダイナブックヘ。

2012年04月16日 | アフターセブンティ

 われわれ夫婦の生活はパソコンなしではなりたたないレベルになっている。もっともパソコンなしでやってやれないことはないが相当レベルで生き方革新が迫られるだろう。妻は家計やりくり大臣よろしく、孫の身の回り品はネットでブランド物をタダみたいな値段で調達し、ネットで決済、毎週、全国から宅配便で落札物がとどく。追っかけではないがイ・ビョンホンのファンだし韓国ドラマを良く見ているようだ。ただしビートルで韓国にまででかける行動力は今のところない。時間があればゲームに夢中になっている。バッグその他自分の身の回り品はネットサーフィンにとどまっている。

 私と言えば当然現役時代はパソコンは自分の手足みたいなもので会社自体のナレッジマネジメントの導入、活用にどっぷりつかっていた。パソコンの機種遍歴は30年前の富士通のワープロに始まり、沖縄支社時代にリコーのマイツールを数十万で購入、表計算や原稿書きに使いはじめた。その後福岡に帰り富士通のFMV、そして大阪でノートパソコン、ダイナブックを家で、その後、モバイルの必要性を感じて5年前レッツノートにかえ、完全リタイヤしてからも3年近く愛用してきた。私の生活のほとんどがデータ化されパソコンにストックされている。最近は写真データがふえたので外付けのハードディスクに収めている。毎朝株価チェック、最近は取引は開店休業状態、市場回復まち。メールのチェック、ブログチェック、ブログ投稿、春まき野菜の農事チェック、コンテスト向け写真チェック、レンズほか写真関連用品のアマゾンほかネット調達、ネットバンキング決済、ボーリングのデータ管理、月々の収支管理、読書日記、登山記録、映画鑑賞記録などすべて。結局、コンサル時代の癖が抜けないということ。なんのためそんなことをと言われてもまあそれほど苦にならなかったから続けてきた。最近は目がしょぼついてやや苦痛ではあるが・・・。

 そのパソコンが1か月前、急に画面が見えなくなってしまった。近くにパソコンライフサービスの会社があり、来てもらい、別売りのモニターに接続すると見える。どうやらパソコンのバックライトが切れたようだ。パナソニックのカスタマーサポートに確認してもF2ボタンで画面があかるくならない。修理に出してくれと言う。5年ほど前にヤマダ電機の大阪の店で購入、5年保証に入っていたがその期限が5月21日。修理には2週間はかかるらしい。データのバックアップをとって、データを消去して修理に出してくれとある。これだけのデータ量がある。頭が痛くなった。もろもろ考えて思い切って購入したのがこのパソコン。まずは今までどおりの生活状態を維持する状況を作ってからレッツノートを修理に出すことにした。
バックライトの交換だけなら初期化する必要はないと思うがいずれにしてもログインパスワードを教えて修理に出すわけだから、もろもろ個人情報や証券、銀行関連のサイト情報をどうするか心配なのでお気に入りデータもバックアップをとり消去した。ここ数日そんな作業で疲労困憊。

 レッツノートはメモリーが1ギガしかないがこのダイナブックは8ギガあり、OSも32びっとではなく64ビットなのでより安定的に大容量データを高速処理できるらしいので期待している。
 というわけで明日、ヤマダ電機経由でメーカーに修理にだすことにする。疲れました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120413:割と伝統のある美術団体の写真公募展で奨励賞いただきました。

2012年04月13日 | 趣味と交遊

 写真同好会の大先輩からK展という公募展に写真を出してみないかと強く勧められ今回軽い気持ちでご批判を仰ぐべく出品。ショウウインドウのマネキンと背景に夕闇せまる道路を映しこんだ写真を出した。四月上旬の審査結果がはがきで届いた。奨励賞に入選とある。もっとしっかり努力しなさいということかと受け止めていたが大先輩にお聞きするとそれは毎回5~6点しか選ばれない上位の評価だとおっしゃる。

まったく出会いがしらで感性にもとずくままスナップ的にとったものだから、狙い定めて練りこんだものではないのでいささか歯がゆい感じだが気分はわるくない。
最終日に講評と表彰式があると言うので仲間と大分市の展示会場にでかける。最優秀賞は大分の女性が撮った絆というしわだらけの大人の手ときれいな子供の手が握手している写真、新人賞は廃タイヤが捨てられている写真だった。

 講師いわく良い写真と言うのは見る人がその作品をみてどれだけ想像力をかきたてられるかというストーリー性のあるものだという。ただきれいに撮るだけではだめで撮り手の意思が明確であることが求めらる。
 表彰式があり賞状とガラス製の盾をいただく。まあ理屈抜きに300点くらいの中から選んでもらったということで、それこそ叱咤激励されたとうけとめ、また頑張ることにする。往復5時間の道程、運転していただいたTさん、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120407:桜、桜、桜、孫を連れての1泊温泉ドライブ!

2012年04月07日 | マイ家族

 私のリタイアお疲れさん旅行を息子が企画してくれたときに同行した娘一家、当時は孫娘一人で、今回は孫息子がふえての一泊温泉ドライブ。その時えらく孫娘が温泉を気に入り3回も妻と風呂に入って喜々としていた。その記憶が孫娘の脳裏に完全インプット。幼稚園の休み期間中に温泉に連れてゆけと家内にねだり今回の運びとなった。
行先は最初別府方面だったようだがネットで妻がいろいろ検索、ウイークデー割引(1日3家族のみ)があったとかで原鶴温泉のホテルパーレンス小野屋になった。小野屋といえば私の現役時代、30前後だったか、クライアント先の呉服展示会で行った記憶がある。一体今どうなっているのか。ネットで調べると畳じきの温泉、料理の評判が高いなど・・。まああんたが大将、妻にまかせて11時ごろ出発。天気が良く、行先周辺どこも桜満開のようだ。最初に向かったのはうきはの内山緑地公園。2~3年前、モクレン満開の時行った記憶がある。昼前到着、モクレンは散ったようだが山手にいくと見事な枝垂れ桜とモクレンがコラボレーションしていた。カメラ小僧やおばさん花見客が数組にぎやかに桜をめでていた。おなかもすいてきた。次の目的地、流れ川に向かう。

流れ川ぞいに桜並木が2キロばかり続いている。早速河原の緑のうえにシートを広げ弁当を開く。数組の家族がたのしげに食事をしている。さすがに評判の桜並木。桜のトンネルがづっと続いている。結婚カップルが記念撮影にぞろぞろ関係者をしたがえて歩いている。桜をどうとるかいろいろ雑誌などでみていたがそんなことは忘れて感性にまかせてバチバチ。

15時ごろまで花見を楽しみ、ぼちぼちホテルに向かう。温泉は車で20分ぐらいの場所。15時半着、チェックイン。ウエルカムショット、ホテルのスタッフがロビーの花のオブジェをバックに記念撮影(チェックアウトのときくれた)早速疲れをいやすべく、孫娘にもせかされて温泉にはいる。貸し切りみたいなもので隣の女風呂から孫娘のはしゃぐ声が聞こえる。温泉はW美肌の湯といわれるアルカリ性と硫黄泉でツルツル、スべスベ感がするやさしい肌合い。夜は露天にはいるとしてまず特殊加工の畳がひかれているほうに入る。すべらないし落ち着く感じだ。
温泉をでて夕食までの時間、孫娘と周辺散策。菜の花畑や桜並木で写真をとる。18時、個室で夕食。たまたま団体の関係で個室での食事となった(ラッキー)。シークワアサーカクテルで乾杯。なぜ沖縄の健康酒でと思うが地元の柿や桃ではうまくいかないらしい。ロゼワインと日本酒をたのみ、あらためて乾杯。食事はいうなら少量多品種、立派なおしながきがついていたがひとつひとつは少量。でも丁度いい量。2時間弱、次から次へという感じで食事終了。評判通りの味わいではあった。
 しばし休憩後いよいよ露天風呂へ。畳の湯で身体をあたためて外に出て2~30メーター歩く。丁度満月、ライトアップされた桜の大木、幻想的な景観、風は冷たい。露天に入る。顔は冷たく、体は熱い湯の中、岩肌に散った桜の花弁、湯にも浮かんでいる。
    露天風呂 うでに舞い落つ 桜かな
    湯気がくる 花弁ながれる 露天かな
22時、一同、眠りにつく。孫娘はどんな夢をみるのだろうか

翌朝、5時半に目覚める。カメラと三脚をもって早朝散歩。筑後川にでる、寒い。うっすら空が明るくなってきている。鷺が数羽、川沿いを歩いている。ふと見上げると雁?の北帰行か。編隊を組んで飛んでいる。あわててシャッター。身体がひえてきた。部屋に戻る。6時過ぎからという露天に入る。冷たいからだが生き返る。7時、まだほかの4人は寝ている。7時半やっとお目ざめ、皆で露天に行く。その間ホテル内の庭に出て桜の大樹を撮影、朝日にはえて美しい。

8時、バイキング方式の朝食、なかなかのものでした。孫も含めて一同満腹、朝からよく食べました。休憩後、孫娘は約束通り妻と3回目の温泉、よくやるね。10時半、桜の下で記念撮影、やっと三脚使う。
昨日、昼間の黄砂、夜のにわか雨、車はきたなく変身。窓だけきれいにして出発。

三連水車の道の駅で休憩、孫は遊具でお遊び。いちご狩りをやってる旨、アナウンスあり、孫娘と初体験。なかなか立派なイチゴがとれたが結構な値段であった。しかし孫娘第満足、孫息子もいちごにはめがない。

適当な弁当がなかった。秋月に向かうことにする。細い道をのろのろ。駐車場の空き待ち。3時前やっと車をとめ、秋月城跡黒門をめざしゆっくり桜のトンネルを歩く

やっと蕎麦屋をみつけて遅い昼食。秋月は久しぶりだが桜の時期は初めて。最後の花見とばかり人でいっぱいだった。この二日間、桜、桜、桜、満喫しました。一同、やや疲れ気味で帰宅の途に就いた次第。結構でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120402:俳句通信講座、第二回添削指導うく

2012年04月02日 | 趣味と交遊

俳句通信講座の第二回添削結果が帰ってきた。川柳と俳句の決定的な違い、それは、や、かな、けりなどをつかって読者に想像の世界を提供すること。今回の課題はその三つの切れ字をつかって作句せよということであった。

一句目 「ひなまつり 娘の笑みに うなづけり」
これは評価は△、もっと推敲せよ。具体的な情景がうかんでこないとの評価。去年四つ、今年五つ、1年で成長したなという感慨でうなづいたという意味だったが伝わらなかったようだね。

二句目 「昇竜のごとかけのぼる野焼きかな」
比喩は良いが昇竜とのぼるがダブっている。評価は○
  添削・・・「龍のごと 駆け昇りたる 野焼きかな」

三句目 「啓蟄や レンタル畑に はしゃぐ声」
虫たちが動きはじめるのと同じようにレンタル畑に繰り出して農作業を始めた人びとの姿が想像される。下五をもうすこし具体的にすればもっと良い。評価は◎。
  添削・・「啓蟄や 家庭菜園 子らもでて」

いかがですか?読者のみなさんも参考になさってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加