ゴールデン・リタイアーズ

S20年生、元企業戦士の一身二生(いちみにしょう)、ハッピーセカンドライフの体験的実現ノウハウ紹介

161013 久山八景のひとつイチョウのイツキノミヤへ、さらに伊勢神宮ゆかりの伊野皇大神宮へ、静謐のひと時!

2016年10月13日 | 趣味と交遊

秋晴れ。家にいるのがもったいない。妻と久山トリアス方面へ花木を買いにでかける。ついでに新聞で紹介されていた久山八景のひとつ、イツキノミヤへ場所確認にでかける。イチョウの時期は1か月先。妻は以前におぼろげな記憶。なんとか到着、ひなびた感じ。が立派なイチョウの樹。

これが黄色に色づき、地表に黄色の絨毯をひきつめたらさぞ美しかろうと思われる。

伊勢神宮ゆかりの伊野皇大神宮に向かう。朱塗りの橋がみえてきて五十鈴川の看板。清流伊能川が流れている。

町内1の高さのケヤキの樹と岩井の滝、静謐な気が漂っている。

階段をあがり本殿へ

狛犬が赤い口をあけている。めずらしい。

西暦200年来の由来。日本書紀にでてくるらしい神社の由来。

伊勢神宮の凛とした空気を思い出す

紅葉の時期にまた来よう。久山トリヤスにもどり昼食。天高く空が晴れハワイをおもいださせる。

イタ飯やに行く予定だったが妻の予言があたりくだんの店は閉店。ユニホームが汚れたりして女性客の評判を落としたのかもしれない。しかし女性の感性は怖いね、飲食業にとって特に。となりの和食の店でカツとじ鍋。うまかった。久山植木によって花を買い帰宅。久しぶりに歴史を感じさせる場所にいって気分が一新した。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 161008 孫息子の幼稚園最後の... | トップ | 161015 柳川で車中泊。有明海... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。