ゴールデン・リタイアーズ

S20年生、元企業戦士の一身二生(いちみにしょう)、ハッピーセカンドライフ実現のための徒然実践写真日記

161224 断捨離に市の焼却場に行く。1人の72歳男の不注意で150もの家屋、店舗が灰燼に帰した!楽しかるべきクリスマスの夜が悲惨!!

2016年12月24日 | アフターセブンティ

 23日昼、新潟、糸魚川で発火元、ラーメン屋店主72歳の不注意、ノー天気な振る舞いで出火、おりしも20M近い南風の強風で飛び火して150もの家屋、店舗、工場などが灰燼に帰してしまった。木造家屋密集地、細い道に電柱や電線、少ない消火栓。火事の規模、延焼の速さに地元消防力があきらかにパわー不足。きのみきのままで避難させられた住民、すべて灰になってしまった。人間の運命などまさに一寸先は闇だね。たった1人の不注意、ノー天気さが150もの人間、世帯を暗黒に陥れた。まっこと腹立たしい限りである。

ゴミ捨てのルールを守れない人間、ペットを飼うだけで💩処理をしない人間、わが団地にも存在する。こんな人間が出火元になるかもしれない。いざというときの自衛策を各世帯が講じないといけないのか?我が家も火災保険は家財道具にのみ500万くらい。建て替え費用など考えて保険に入っていない。火災報知機は設置はしたが他の世帯はわからない

 年末、断捨離ということで衣類や本、書類など思い切って始末、10時まえ、市の焼却場に向かう。予測通り土曜日ということで順番待ちに車の縦列。30分ほどまってやっと受付、燃えるごみと資源ごみにわけて処理。しかし原子力発電所のごみから、家庭の生ごみに至るまで日本のごみの量たるや想像を絶する量だろうね。このごみ問題は国をあげて取り組まないといけない。人間も腎臓の機能をもっとみなおさないといけないね。老廃物処理の失敗は組織を死に至らしめる。ここに英知と金を注がないといけない。

 焼け出された皆様にお見舞いの言葉もない。どこにその怒りをぶつければよいのか、地震同様、仮設住宅をすぐ建設できるのか、公営住宅の空き家を即刻提供すべきか、寒さが厳しい新潟、一刻の猶予もない支援、施策が必要・・

 

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 161222 冬至、ゆず湯・・ ゆ... | トップ | 161226 「玄冬の門」五木寛之... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アフターセブンティ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。