ゴールデン・リタイアーズ

S20年生、元企業戦士の一身二生(いちみにしょう)、ハッピーセカンドライフ実現のための徒然実践写真日記

170307 久留米市美展未展示品搬出、「絵の鬼」吉田博展、すごい筆力!、創業126年船小屋温泉、樋口軒視察!

2017年03月07日 | 趣味と交遊

 9時過ぎ、給油をして久留米市美術館(石橋美術館)にむかう。写真愛好会の面々の入選しなかった5点の引き取り。二点出品すれば2点とも入選することはないとか。去年は111人166点の出品で入選以上は100人100点。いずれにしても出品数の4割は選外になった計算。審査員によっても入選の基準は違うようではある。

わが愛好会からは8人11点出品して6人が入選した。まあまあの成績だね。出し方にも工夫がいる。風景2枚ではなく風景と人物を組み合わせるとか。いずれにしても入賞を逃したのは残念。26日のギャラリートークでそのあたりのポイントを確認したいものだ

搬出をすませて、今、開催されている久留米市出身の世界的画家(知らなかったが)、「絵の鬼」と言われた吉田博の生誕140年展が開かれているのを見る。

 明治29年うまれで昭和25年になくなっているが、生涯を通じて描きたい自然を求めてひたすら山野を訪ね歩いた「絵の鬼」とよばれる天才画家。水彩から始まり油絵、山岳絵画、木版画とあくなき追及を重ね、太平洋戦争当時は従軍画家として空中戦闘シーンなども描いてる。マッカーサーが厚木に降り立った時、吉田はどこにいるのかと聞いたという逸話があるとか。たしかにすごい物量だね。

 驚いたのは精華という作品。1.5M×2.7Mくらいの大作だがなんとライオン3頭が寝そべっている前に裸婦がたたずんでいる途方もない構図、おどろいたね。どういう発想からこんな構図をうみだすのか。アルプスの高山に自らのぼり迫真の画像を残している。戦時中のゼロ戦の空中戦の絵などもある。途方もない画力だね

 昼、簡単に食事をすませ、筑後市船小屋の創業123年の老舗ホテル樋口軒を訪ねる。毎春恒例の孫たちとのドライブツアーの宿泊地にするかどうか。ネットだけではよくわからないところの実地検分というわけ。いつもの桜と原鶴温泉、小野屋は温泉も料理もいいのだが、今年は、大牟田動物園をからめていつもと違うコースを行ってみようという要望があってのこと。船小屋温泉郷というのはあまり評判は聞いたことがない。九州新幹線の筑後船小屋駅とかホークスの二軍球場ができたなど話題には上るが今一マイナーなイメージ。

矢部川のほとりに立っているホテル。

規模は原鶴より小さいがこぎれいではある。かつて昭和天皇が宿泊されたとあるがこれはすごいというイメージではない。部屋やレストランも見せてもらう。温泉は源泉かけ流しでなくて冷泉を沸かしている4Fの展望風呂とのこと。

料金は大人3人孫2人で6万前後、今時こんなもんかもしれないが、さあどうするかね。娘にも写真をみせて決めさせよう。雲行きが怪しくなってきた。久留米梅林寺の梅とメジロ撮りはやめて帰路に着く。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170305 武蔵寺写経会、妻の写... | トップ | 170309 時は「啓蟄」虫もはい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。