ゴールデン・リタイアーズ

S20年生、元企業戦士の一身二生(いちみにしょう)、ハッピーセカンドライフの体験的実現ノウハウ紹介

170614 撮影バスツアーその3.アジサイの宝八幡宮で白イノシシ遭遇、竜門の滝で10秒撮影!!

2017年06月14日 | 写真愛好会

 くじゅう花公園から玖珠町の宝八幡宮に向かう。メンバーは疲れがではじめウトウト。開花情報がつかめていないので早すぎれば竜門の滝に変更することで移動。新聞のアジサイ情報ではアジサイ名所は皆3~5分咲き、満開見ごろは2~3か所だった。滝を通過して細い道に入ってゆく。中型バスで13人だから2席で1人、ゆったりしているのはいいがマイクロでないので狭いところは大変。しかしさすがプロですね。なんとか取りまわしてくれる。

満開になったらすごいなと思わせる景観。アジサイ祭りは7月1日からになっていた。とりあえず下車して散策。紫陽花は白に始まり青、紫、淡紅とかわってゆく。だから別名七変化、八仙花という。俳句碑が林立、この字は何と読むの?とメンバーに聞かれる。それはよひら!!別名、四ひら、季語になっている。今、漢字変換できません。ごめんなさい。

白いいのししが3頭。このイノシシにあえると幸運がまいこむとか。

竜門の滝にたちよることになる。夏はキャンプで子供たちがいっぱい来るとか。上から滑り台みたいに流れおちるらしい。

NDフィルター4と16を重ねて長時間露光に挑戦。流れは糸状に水面は鏡のようになりはする。がそれほど感動ものではない。F22、シャッター10秒くらい。

 125分の1くらいで普通にとったもの。17時半、帰路に着く。道の駅、「童話の里くす」にたちより酒さかなを調達、いつものパターン。15名参加予定が13名になったので当初会費が5000円からワンコインプラスになったが大変充実した撮影会だった。14000歩、歩きましたから写真趣味は全く体力勝負の趣味になりつつあります。平均年齢75歳レベルで皆よく頑張りましたね。酒代もいれて総経費8000円くらいでした。無事m事故もなく帰れて運転手さん、世話役のみなさんありがとうございました。生酒とシイタケのつまみ結構でした。19時半帰宅。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 170612 撮影バスツアーその2... | トップ | 170615 剪定、樋掃除、石油ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。