ヴィッツを売るなら高い方がいいよね!

トヨタのヴィッツについて投稿しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヴィッツはこんなにいい車!!

2016-03-06 | ヴィッツ買取
私はよくレンタカーを借りて国内旅行に出かけます。
中でも私はトヨタが一番いいと思っているので、いつもトヨタレンタカーにお世話になっています。
「車はどれにしようかなー?」
これが、一番ワクワクする瞬間です。
最初は車なんてどれでもいいかな、なんて思っていましたが、車に乗るたびにどんどん魅了されて行くようになりました。
よくヴィッツに当たるのですが、昔と比較すると最近のヴィッツはかなりいいと評判になっているのです。
まず、リッター約22キロと、燃費がかなりいいというところです。
そして車自体もかなりコンパクトなので、初心者の方も運転しやすいという利点があります。
さらにバックをする際の縦列駐車もミニバン、セダン、SUVに比べれば、らくらく駐車することが可能です。
しかもヴィッツには14種類もの色から選べるところも魅力的ですし、女性に優しいのが、UV加工がされていて、紫外線を99%ブロックしてくれるところもユーザーを考えて作られているので、嬉しい部分と言えるでしょう。
さらに最近はG'sと呼ばれる、普段とは違った顔のヴィッツが見られるでしょう。
さて、一番気になるのがお値段ですが、107万ほどとかなりお求めやすい価格となっております。
その分、中古車として売る際の買取金額は低めでしょうか。
ディーラー下取りではなく、買取専門店やネットの車買取サイトの利用が、高値買取には必須になることを覚えておきましょう。

参考サイト:「ヴィッツ 買取



この記事をはてなブックマークに追加

ヴィッツの気にいっている点

2013-12-28 | ヴィッツ買取
これからヴィッツの気にいっている点についてお話させていただきたいと思います。
当初はヴィッツより大きいワゴンタイプの車の購入を検討していましたが、家の駐車場が狭くて車庫入れが大変なここと、燃費があまりよくないということでヴィッツに決めました。
ということで5年以上前からヴィッツを乗り続けていますので、今まで乗っていて気にいっている点について以下にご紹介します。
まず一つは、現在のハイブリッド車などと較べると燃費が抜群によいとは言えないかもしれません。
しかし、当時は非常に燃費がよいという印象がありましたので、購入するきっかけの一つです。
そしてもう一つは見た目より室内が広いことです。
外観は小さくて室内も狭いのかと思えてしまうのですが、実際に座席に座ってみると思ったよりも広く感じます。
後部座席も足を伸ばせるくらい広いので、気にいってます。
そして最後の一つは、小回りがきいて運転しやすいところです。
一般的に軽自動車や小型車は小回りがきくと思いますが、ハンドル操作しやすいので運転が楽です。
以上のように、ヴィッツにはいい点があって非常に経済的で運転しやすいという印象を受けます。
反面、元々の値段が低めという事もあって、車を売る際には買取金額は伸びにくい傾向があります。
ズバット車買取比較などのサイトを利用して、買取業者に売るようにしましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

ヴィッツについて

2013-12-28 | ヴィッツ買取
ヴィッツはマーチやノートが競合車種となるコンパクトカーですが、カラーバリエーションが豊富で特にダーク系のブラウンやレッドがとても車体にマッチしています。
ファミリーカーとは別に奥様専用の2台目としても最適な車だと思います。
マーチの丸みを帯びた形がどうも苦手・・・という方は断然ヴィッツをお選びになります。
全体的にシャープなイメージです。
飽きのこないデザインで、乗る人を選びません。
さらにかっこよく仕上げたい場合のエアロパーツもすごくいいです。
シンプルなデザインですから、ホイールを変えるととても映えますので、カスタムのし甲斐のある車です。
中古車で購入しようと思っても、意外と値段が落ちていないのに驚かれる方も多くいらっしゃることと思います。
ヴィッツは1999年の販売開始から14年近く経ちますが、いまだに人気の車種なのです。
いまは新車のボディカラーにはありませんが、ラベンダーの優しいお色のヴィッツが販売されていた時期がありました。
遠めで見るとラベンター色なのですが、近くでみるとほんのり紫がかった、朝焼けのようなシルバーで、メタリックな感じがとてもキレイです。
現行のデザインの良さもさることながら、中古車市場としてもいまだ席巻しているヴィッツは、今後も楽しみな車種です。
ただ、中古車市場では在庫数が多いので、高値買取して貰うには、中古車買取専門店やネットの車買取一括査定サイトを利用するなど工夫しましょう。

この記事をはてなブックマークに追加