vitisktの日記

釣りと魚と植物と・・

釣果報告(10/29 大分照陽カワハギ釣り)

2016-11-02 20:57:44 | 日記

先週土曜日は、大分へ今季初のカワハギ釣りへ

照陽、最近、タッチーに火が付いて、今年はあんまりカワハギ予約がありません

せっかくカワハギ釣り、2年前からはじめたのに、なんか寂しい感じ

10年ぐらい前の大分カワハギは、数も型も凄まじかったみたいですが、網が入って捕りきってしまって、今では個体数が激減してるみたいです

有明海も、20年ぐらい前は、タッチーの漁獲高、すごかったみたいですが、こちらも乱獲で、今ではほとんど姿を消してしまったそうです・・・。

内海は外洋と違って、乱獲していなくなってしまうの早いし、さらにカワハギやタチウオみたいに定着性の魚は・・・網で一網打尽にされたら、終わりです・・

釣りでは、捕りきってしまうことはないでしょうが、漁業者は自分らの海だから・・・とか、生活かかってる・・・とか、よく言いますが、結局は自分の首を絞めてるだけなのに・・・。

「遺伝資源は、漁師の物じゃないですよ

人類共通の財産です。

 

今回は、Hさんも船カワハギ、やりたいとのことだったので、一緒に行ってきました

Hさん、初船カワハギです。

これまでは、手こぎボートからだけしかやったことないそうです。

当日、6時集合だったので、私の家に3時半集合にしてたのですが・・・

時間になってもHさん来ない

連絡したら・・・今、起きたみたい

まぁ2時間あれば着くか・・・と思っていたのですが、当日は車が多く、結局、2時間15分もかかりました

途中、船長に「遅れます・・・」って連絡したら・・・

「風、強いので、出船できるか、検討中だから、ゆっくりでいいですよ」って

まぢか・・・

まぁ爆風の中、船酔い撃沈するぐらいなら、大分とんぼ帰りでもいいような気がするけど、カワハギポイントは岸近くだから、風裏ポイントなら大丈夫じゃ?

と思っていたんですが、船長曰く、ポイントに辿り着けば大丈夫だけど、道中がヤバイらしい

豊後水道ど真ん中をやるタッチーなら、完全に「やめとこ・・」モードになるんですが

もちろん写真では分かりませんが、北風が・・・

 

しばらく、船長、情報収集して、「出ましょう」と決断

私、もちろん酔い止め飲んで、万全の体制です

 

出航後、しばらく進んで、佐賀関灯台付近の海域

やっぱり

前週に続き、今週も・・・

 

でも、岬を回り、風裏に入ると

なぎなぎ

でも回り込んできた風は結構、吹いてますけどね。

 

早速、釣り開始

えっーっと、どうやって釣るんだったっけ?

今年の初釣り以来なので、覚えてません(汗)

とりあえず、底に落として、竿1本分ぐらい振り上げて、ゆっくり誘い下げしながら、底に落として、叩き、たるませて・・・当たりを待ってみます。

「叩き」もどれくらいの、速さ、強さだったっけ?

最近、タッチーばっかりだったので、後で考えたら、かなり激しすぎたかも(笑)

 

Hさんは、左舷ミヨシ、私はその隣、さらに後ろのお二人は、開始早々からいい感じに釣ってらっしゃる

うーん、あんまり当たりもないんだけど・・・。

でも餌、捕られてるし

風強くて、ビミョー系の当たり、わかりにくい

 

私達の餌は、冷凍アサリパックでしたが、後ろの方は、船長が用意してくれてる冷凍エビ使ってるみたい。

そこで、私も使ってみることに

すると・・・

ようやくヒット

おひさしぶり

その後もポツポツ・・・

 

今回、アサリで大丈夫でしょ・・・って考えてたので、Oさんと行った時によく使ってた

これ、以前使って冷凍庫に入れてたのを持ってきてましたが・・・イマイチ喰い悪し

でもイカの塩辛には、いくつかタイプがあって・・・

ちゃんと肝で付けた本物のイカの塩辛の他、上のやつみたいな白い調味料に付けたやつもあります。

一長一短なんですが・・・

本物の塩辛は身が固くて、餌、捕られにくいですが、固いせいか喰いが悪い時があります。

それにあらかじめ、洗って、切ってもってこないと、めっちゃ針に付けにくいです

一方、偽物塩辛は、柔らかいので、餌は捕られやすいですね。

もちろんエビほどではないですが・・・。

Oさんは、塩辛でない冷凍イカの食腕がお気に入りのようです

 

餌はその時、その時、ポイントで喰いは違う気がしました。

アサリも、調子いい時ありますが、専用の身を締める液体につけすぎると、圧倒敵に喰いが悪くなりますね。

今度は・・・

自分で剥いたアサリを、イカの塩辛の液につけて、使ってみたいと思います

 

一方、Hさん、最初、船カワハギ、初めてのせいか、大苦戦

私も、全然本調子じゃないので、アドバイスしようにも、あまり進んでできません。

見かねた船長が・・・

お手本を

釣れるか・・・と思ったら、残念釣れず

 

でもその後、Hさん、ようやくヒット

やったね

 

私もようやく思いだして、ポツポツ釣れ始めたが・・・・スタートが遅かったです

最初のポイントは、ほとんどべた底でしか喰いませんでした

誘い下げはほとんど無意味

まぁシーズン最初ですしね

その後、少しポイントを移動

この辺りはうねりが入ってきてます

 

次に移動したポイントでは・・・

なんとHさん、好調

私も、そこそこ釣らせていただきました

Hさんも基本、誘い下げで釣ってましたが、ここは宙で当たることが多かったです。

底は、餌取りだらけ

ベラ、クラカケトラギス・・・

中には・・・

こんなのも

イラに似てますが、これ「テンス」かな?

初めて釣りました。

 

当日は、潮が変わったら、灯台下の海域を通る時、ヤバイっていうことで・・・

早いですが12時半納竿に

まだまだこれからだったですが、仕方ないですね

 

でも久しぶりにやったカワハギ、ほんとに面白い

丸一日、やり続けたいですね

こういう当たりビミョー系のテクニック必要な釣りは、やっていて飽きないです。

 

次は、12月末に予約いれました

またそれまでに忘れてそうですが・・・

 

お魚は・・・

大きいのは、死にそうだったので、締めて、小ぶりのやつを生かして持ってかえりました

全部で18枚でした

次回は頑張ります

 

帰りの途中、阿蘇の大観望で1時間半ぐらい爆睡しましたが、無事に、糸車に到着

翌々日・・・

海南丸の船長が、食べたい・・というので・・・

いただきました

 

マスターが予約日間違えて、前日に刺身にしてた分

これは・・

シャブシャブに

 

こちらが行った当日に捌いていただいたやつ

前日のも刺身で食べましたが、普通に美味しいですが、やっぱりカワハギは活けに限ります

キモの写真、撮り忘れましたが、本当に濃厚で激うま

 

他には・・・・

海南丸船長がもってきたハマチ

日曜日に常連のお客さんが釣ったやつ、いただいてきたそうです。

私、食べ忘れましたが、アラの塩焼きも

 

こちらは先週、秀月丸で釣った小ぶりのイサキ

ふっわふわで、うまうま

 

海の都のレンタルボートで、3号橋の下で釣ったアジも

やっぱり、私、アジフライ、好きですわ

 

一方、締めたおさかなは・・・

学生さんに

 

カワハギ味噌汁、サイコーです

肝を入れると、濃厚さ数倍アップ

 

あー、また早く釣りにいきたい・・・。

釣りに行きたいのに、いけないの、残念です

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣果報告(10/23 秀月丸オキ... | トップ | 釣果報告(10/30 海の都ボー... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。