はばカフェin三木

【管理人】ジーン景虎(as はばちょん)
~やっぱり、ぼちぼち息長く

8×100mリレー

2016-09-18 08:30:34 | 三木市
体育祭、運動会のシーズン到来。
あなたは、体育祭、運動会、なにが一番楽しみでしたか?

私は、競技や演技に楽しみなど全くなく、
変化球と言われるかも?ですが、
運動会のときには必ず母がお弁当に
いなり寿司を入れてくれる!これが楽しみでしたね。

そんな中、体育祭を控えた我が家の次男、
8×100mリレー
(8人が100メートルずつ走るリレー)
をとにかく見に来てほしいと言いました。

少なくとも、我が家では、私をはじめ、嫁さん、長男については、
そもそもリレーの選手になることが皆無だったで、
こんなことは、前代未聞。(≧▽≦)

次男が言うには、自チームの第一走者(女子)は
間違いなく先頭になる(つまり一番速い)ので、
第二走者の次男としては、
その一着で受け取ったバトンを一着のまま
第三走者(女子)に渡したい!とのこと。

で、結果は有言実行!
最終走者のバトンの受け渡しに失敗して、
チーム自体は2着で終わってしまいましたが、
よく頑張ったなと感じました。

よく頑張ったと言えば、空模様も。

雨の心配がかなりあったのですが、
無事開催されて本当によかったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレーで台風の打撃を | トップ | カップ麺~先駆者は強い »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じく (神戸飼育委員)
2016-09-18 09:30:52
お弁当でしたなあ。
中学校にあがるまでは運動音痴でしたから、食事だけが唯一の楽しみだったものです。

メニューはもちろん、ポークチャップ(のようなもの)と
鶏もも肉のピカタ(もどきではなかったはず。たぶん)

リレーは本当に花形種目ですからねえ。
私も縁がないものと思っていましたら、高校三年生の体育祭はなぜかでるはめになりましたよ(苦笑)
しかもスウェーデンリレーのアンカー(苦笑)

結果は最下位でしたがね (笑)
子時代はお弁当。 (松世)
2016-09-18 12:48:50
自身の子時代は、運動会のお楽しみは、お弁当だけでした。走りは遅いから、リレーに選ばれるはずも無かった。

競技の入退場の行進が下手なメンバーに、名前があがり、運動会が苦痛でした。
何一つ良き想い出がない。

中学校は、当時兵庫県外最大のマンモス校と言われ、私の学年は13クラス。
予選予行だから、体育祭当日は、学年種目一つのみ。1年生はラジオ体操覚えていますが、2年、3年は記憶無し。
卒業アルバムもないから、忘れたまま。

高校生の双子娘も、運動がイマイチだが、中学生から吹奏楽部のおかげで、中学時代は、部行進の演奏をさせてもらって、感動。

それぞれの高校でも、オープニングのマーチング、開会式演奏と、吹奏楽部で、楽しめています。
そりゃあ (シオりん)
2016-09-18 20:29:20
女子の創作ダンス
理由は…いわずもがなw

まだブルマが絶滅していなかった時代(^_^;)
騎馬戦 (年賀状ですみません)
2016-09-19 04:35:18
出来れば女子を乗っけたかった(爆)

(^-^)/
コメント、ありがとうございます (ジーン景虎)
2016-09-22 05:28:45
★神戸飼育委員さん

中学に上がったら運動音痴ではなくなったんですね。

うらやましい!

あっ、ポークチャップが食べたくなりました。

スウェーデンリレーのアンカーって、一番きついのに、やっちゃいましたか。

最下位と言っても、トップで受け取って・・・ではないですよね?


★松世さん

下手なメンバー、私の名前もあったのかなあ?
・・・覚えてないけど。

中学校は、確かに私も吹奏楽部だから覚えている部分がありますね。

あとは生徒会かな?

卒業アルバム・・・中学のがなかったんでしたっけ?

娘さんたちに見せてあげたいですね。(^^;)


★シオりん

ブルマって全くキュンとしなかった私。

鈍感だったのかな?


★年賀状さん

姫路のゆうこりんでもOK?(≧∀≦)
あまりうらやましくはないかも (神戸飼育委員)
2016-09-22 08:17:42
中学校で運動部にはいったおかげで単純な基礎体力は向上しましたが、
球技などの他者とコミュニケーションをはかるタイプのスポーツはとにかく苦手でした。

スウェーデンリレーのアンカーの件はうちのクラスの場合本来出場すべきポジションの部活連中
(陸上部・サッカー部・野球部やバスケ部あたり)が軒並み個人種目と通常のリレーにエントリーしていたので
出場できなかったのと、基本100メートル以上の距離を走るのを嫌がった(苦笑)のです。
さらにクラス対抗でしたが、スウェーデンリレーの得点配分も通常のリレーと変わらないため、なおさら誰もなりたくなかったわけです。

その結果最終的にメンバーが
第一走者:剣道部(私の友人。走るのは遅い)
第二走者:柔道部(キャプテンで筋肉は凄いが遅い)
第三走者:帰宅部(元剣道部で帰宅部。当然ダメダメ)
アンカー:剣道部(元陸上部だが長距離専門だったので400メートルは苦手)
というめちゃくちゃ偏ったメンツになりました。

で、他のクラスはどうかといいますと、陸上部こそいませんでしたが野球部やバレーボール部など
そこそこ走れる連中を揃えてきたので、結果は火を見るよりも明らかでした。
予想通り、第一走者の時点で既に最下位でして、私にバトンが回った時にはトップがゴール間近という屈辱的な展開でした。

でも誰もいないトラックを1周するのはある意味とても気持ちよかったですよ(苦笑)
もうね、ウィニングランの気持ちで走りました (笑)
神戸飼育委員さんへ (ジーン景虎)
2016-09-23 07:28:48
うらやましいというよりも、
貴重な経験ができたってことで。(≧▽≦)

コメントを投稿

三木市」カテゴリの最新記事