☆平野紫耀☆航海日誌☆

☆お仕事の備忘録と戯言平野紫耀君の行く末をまったり見守り中☆

初々しい門出

2017-06-22 | 紫耀ごと
昨日のWSから本日のPONまでの帝劇会見のキングさんたち。

PONは平野の挨拶からかいちゃんの末っ子位置取られたネタ披露と、他WSではれんれんの最後の挨拶までとりあえず見られて良かった。

しょうれんとも、ちょっとカミカミの挨拶が、ジュニアらしくて初々しくて可愛かった(甘いw

それにしても、PONのずらっと並んだジュニアの向こう側に見える皇居の森を見下ろしての会見、そして由緒ある帝国劇場の屋上での会見。
誰が考えたのか、ジュニアの門出に相応しい、話題性バッチリ、太陽の下でのフレッシュで初々しい会見がとても良かったね。
みんな眩しそうなのも、とても初々しかった。

こんな大仰な場所でせっかく会見したので、それにふさわしい舞台になってるといいね。

そして、帝劇で出逢い、帝劇に何度も立ったキング及びキンプリが、また屋上で華やかな新しい門出が迎えられるといいなーと改めて思いました。

PONは白衣装では無く、一番新しい衣装を着せられていますが、前にゴールドのキング、後ろにラベンダーのプリンスを並べてみると、キングの衣装はキングに相応しい王様ゴールドスタイルで、後ろのプリンスの衣装は王子様らしいホワイトレースタイも華やかで、ちゃんとコンセプトに沿って衣装が作られてるんだなーとしみじみ見てしまった。
バラバラだとあまり感じないんだけどね。

さて、初日を迎えるまでEXもありますし、キンステもあったり忙しい夏から秋、どうか体調崩さずにこの夏乗り切れますように、去年よりはちょっと楽かな。

とはいってもEX30公演もありますし、充実の夏となりますように


先日、スペインの闘牛士のニュースをちらっと見たんですが、嵐さんから降りてきたよく着ている装飾豪華な三色カラー平野腰巻ありの衣装が、その闘牛士の衣装にそっくりで、ナポレオンジャケっぽい装飾に腕まで刺繍が豪華にしてあって、あー衣装のコンセプトってここから取ったのかと。
今着てるゴールドも、この闘牛士衣装に近かった、無駄に装飾が多いw

キングがこういう装飾の多いもの着せられがちだけど、きっとシンプルな黒いスーツとかも似合いそうだから、たまにはシンプルなの見たいです。
秋のユーランド(どうしても略したくなる、ユメランでもいいかなー)ではたくさん素敵な衣装着せてあげてください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堂々たる姿、屋上に立つMr.KING | トップ | 平野紫耀の天然生活まとめ17/... »