☆平野紫耀☆航海日誌☆

☆お仕事の備忘録と戯言平野紫耀君の行く末をまったり見守り中☆

じぐひらの幼なじみ感

2017-06-10 | 雑誌
ポテト誌珍しくコンビでの掲載、じぐひら初めてかなー

キングがサマスポ決まったりして、なんとなくキンプリ遠いみたいな気分の時に、キンプリ選抜の二人の記事は嬉しい。
(キングは夏だけサマサポあるけど、プリンスはレギュラーあるから、バランス取れてると言えば取れてるんですけどね)

キンプリ云々は別にしても、じぐひらコンビ好きだから嬉しい。

等身大で、無理せずに、芸能人ジュニア関係なく、心置きなく付き合える人が平野にいて良かった。

どっちかというと、盲目な上に単純な構造してるので、平野が仲良くしてる人は、それだけで萌えられるし、仲良くしてもらって有難いなと思う。もはや親目線だね。

特にじぐひらって、見た目も綺麗だし、リアルDKっぽい萌えがつまっていて、昔からの幼馴染が同じ高校に行っていつも放課後ワイワイつるんでる楽し気なのが無理なく浮かんできて微笑ましくて、肩の凝らない関係が見える、グラビアの平野がとってもいい表情で楽しそうで本当に仲良さそうで好きなんだよね。

平野が大好きで大切にしているものは、それだけでなんだか好きになってしまう。平野を幸せにしてくれる人が好き。

二人とも、屈託なくて明るくて、こだわらなくて、楽しそうで、見ていてストレスが無い。

平野が楽しそうにしている場所や関係には萌えが詰まってるんだよね。

じぐひらの記事の、グラビアの平野の表情の楽しそうな事よ。いつまでも仲良くしていてね。

キングにいる平野はお仕事として顔ひきつったりする事があっても、お仕事として頑張るだろうし、いつかデビューする事にもなるだろうキングはキングとして、いつめんで遊んでいる楽しそうな平野を、こうして雑誌で見られたら安心できる。

普段は仕事の話はほとんどしなくて車の話ばかりしてるという、じぐひらの、キンプリとして仕事をする事もあるのに、プラベは本当に普通の男の子っていうのがいいね。

そして、10年後も男の子でいたいという平野がなんか好き。

無理に大人になる事無く、背伸びする事なく男の子でいたいっていう平野がいいわあ。

そういう、自然体でいられるのがきっとじぐさんとか、いつも遊んでるいつめんなんだろうね。


昨日は映画の打ち上げという話が監督から上がりましたが、平野も成人した事ですし、お酒飲んだのか云々気になるところですが、きっと最後までそんな話をしないかもしれないね平野さん。

平野が成人してから数ヶ月、ほとんどお酒関係のネタがでなくて、こう、なんというか平野の慎重さをしみじみと感じる。

いつも遊んでるメンバーに未成年もいるし、遊びに出かける場所は、極めて健全な場所で、お酒を感じさせる場所がなくて、ほんと平野って、オバカ装ってるけど、賢い子だなと思う。

成人前に、二十歳になったらといろんな事言ってましたが、二十歳になってから、かっこよくなりたいとは言っても、お酒云々の話をしないのは偉いよね。
こう、一番大人に見られたい、背伸びしたいだろうし、二十歳になってお酒解禁なんて、一番大人を感じる時だろうにね。

今回の対談で、いつまでも男の子でいたいっていうのが、ほんと平野らしいなと思う。

永遠の五歳児である平野と、大人に混じって賢くも大人の仕事っぷりを見せる平野の、こういうギャップも好き。

きっと、成人して否応なしに接待付き合いなどでお酒の付き合いも出てくると思うけど、いつめんといる限りはきっと、ブラベではお酒の話しもあまり出なくて、いつめんがみんな成人した時に、盛大にみんなでお酒の大人の付き合いが出来るようになるといいね。

とは言っても、なんだかいつまでも、今と同じような遊びしてそうだけどw















































(相変わらずどうしてもキングよりキンプリでというのが強くて困る、この先はわからないけど、少年収なんかもキンプリで対になってると、他のどんな事よりもときめいてしまって困る。無理する事ないからちょっと期待したままの気分でおいとく、もし自分の期待通りにならなくても、ちょっと凹んでも平野がスタートラインにさえ立てればいいと。平野でさえどうなるかわからない後ろからヒタヒタ来てるんですけど、キングの新曲なのにBが歌ってるのも心がザワザワする。なかなかスタートラインに立てないと不安な事も順番に押し寄せてくるね、いつになったらこんなザワザワから解放されるのかしんどいねwキンプリを望むのはないものねだりなのかもしれないなー)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイルドシェルター | トップ | 想像以上?w »