☆平野紫耀☆航海日誌☆

☆お仕事の備忘録と戯言平野紫耀君の行く末をまったり見守り中☆

平野紫耀の天然生活>ポポロ

2017-06-16 | 雑誌
P誌の予告二度見してしまった。

平野個人の新連載、インタビューをまとめたものが毎回掲載されると思いますが、しられざる平野の人となりが見られるといいな、キングとの関係性、未来の事、日常、いろんな話が聞けるといいね。

今年は本当に例年とは違った動きで、何が始まるのだろう感が強い。

今年は平野、いや去年のジャニフワから続く平野個人推しは、ファンにしたらとても嬉しいけど不安もつきまとう。

不安がつきまとうからこそ、平野が去年秋からキングがーキングがーってキング中心、キングに還元していきたいと言ってくれるので、ちょっと安心できるんですが。

タッキーのように一人だけ取り残されるのは嫌です。

しかし、何故キングではなく平野個人なのか、まあ考えても答えが出るわけでなく。

連載にプラベ写真とか載るといいなーキングの写真とかね。

写真集出たり、ヘアカタ表紙が続いたり、3年連続サマサポとか、個人CMに映画、ジャニフワに冠バラの豪華さ、つくづく、キングに関してはもはやCDだけ出してないデビューユニットのようだ。

昨日あたり、断片的に見たタッキーのジュニア時代のお話、ジュニアのトップに立ちジュニアをまとめる為にデビューが遅れたという。

今ジュニアのトップに立つ平野には、タッキー時代のような悲壮感はなく、ただキングのユニットを大事にしつつ先頭に立っても恥かしくないだけの仕事をするだけの事で、無駄な責任みたいなものを背負う事がないのはいいよね。
もちろん、一番前に立つという事の様々な思いや背負うものも多いかもしれないけど、タッキー時代と違って、それぞれが独立してますから、タッキー時代の様な悲壮感はない。

それでも、去年のジャニフワから今年のアイランドまで、自分なりの座長を模索したり、平野のキャパを超えるお仕事を与えられて、悩んでもがいて、タッキーとはまた違ったジュニアの悩みもあっただろうね、あまり言わない人だし。

時代時代によって、ジュニアの仕事の内容も担ってるものも違いますし、平野らしいやり方でジュニアを全う出来ればいいなと。
一応ジュニアのトップに立つとは言っても、今ユニットなので横並びに近いから、ジュニアトップとしてする仕事って少ないかもしれないね。
そういえば祭りのリハレポに、ジュニアとして挨拶する事の多い平野というテキストがありましたが、やっぱりそれなりに裏では大変な事もあるのかなー

これだけ入ってくるお仕事、成功もだけど、全て次のステップ、糧となりますように。

そして、孤立することなく、なるべくそれなりの人数でスタートが迎えられますように、秋のお仕事の発表が楽しみ。

その前にポポロの連載、いきなり重い話になってますが、まだまだ若いし、デビュー前に苦労話はせずに、平野らしい天然生活でお願いします。
たぶん、新連載、気を惹くための予告だとは思うんですけど、連載グラビアも楽しみ、1ページはあるといいなあ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 取り急ぎイケメン浴衣>QLAP | トップ | 風邪気味にはMATCHです »

あわせて読む