迦羅求羅虫

小さな寺の日々の出来事

土砂降り

2013-04-07 18:04:12 | つれづれ
昨夜は恐いほどの雨でした。

眠ろうと思っても、たたきつける雨の音に全身を揺すぶられるようで

目が冴えて眠れない。

2時半ごろ、枕元の携帯から土砂災害警報の緊急エリアメール。

市内では冠水したところや、崖の崩れたところなど

被害もありましたが、わが家の周りはかろうじてセーフ。

崩れてもおかしくないところが、あちこちにあるので、

大雨、大風、地震のときには、いつも胸がドキドキします。

ただ、このドキドキは、年を取るとともにひどくなってくるので

心臓そのものにも問題がありそう。

一日たってもまだ風が強く吹いています。


でも、桜の花ってすごい。

しっかり残っていました。

小川の諏訪神社の枝垂れ桜を見に行きたいけれど、

忙しくて時間がない。

今年は見送りだな。

福島市の花見山がオープンして、人出も多いらしい。

花見山のある一帯は、本当に美しいところ。

母の車椅子を押して行ったのが、最後だったかな。


原発のトラブルが相次いで、そのたびにびくびくしているけれど

花の季節は、無条件に嬉しい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 散歩 | トップ | 大雨と大風 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む