俳句の箱庭 top

お気入俳人の俳句鑑賞します。
多側面から俳句を分類します。
俳句付きイラストを描きます。

●五感俳句0327・振動覚01・岡田由季01・2017-04-17(月)

2017-04-17 04:56:00 | 五感俳句

○五感俳句0327・振動覚01・岡田由季01・2017-04-17(月)
○「豆の花町工場より微振動」(岡田由季01)
季語(豆の花・春) 「まめのはなまちこうばよりびしんどう」(「俳句四季201604」より引用)【→五感俳句-索引1索引2索引3 →俳人一覧(うえかきくけこしすせそちつてとにぬねのはひふへほみむめもや~)】

【鑑賞】:小刻みな振動です。これは地震ではありません。町工場の機械の微振動です。聴覚とはまた別の振動覚俳句の初登場であります。

 

岡田由季(おかだゆき)
○好きな一句「ひつそりと靴擦れをして鳥曇」02
季語(鳥曇・春) 「ひつそりとくつずれをしてとりぐもり」(引用同上)

【Profile】:1966年、東京都出身。「炎環」「豆の木」所属。第1回「週刊俳句賞」受賞。ブログ「続ブレンハイムスポットあるいは道草俳句日記」開設。

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●次元俳句0327・正面(空間)... | トップ | ●五体俳句0327・蹠01・海老根... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL