俳句の箱庭 top

お気入俳人の俳句鑑賞します。
多側面から俳句を分類します。
俳句付きイラストを描きます。

●五感俳句0329・冷感022・波戸岡旭01・2017-05-06(土)

2017-05-06 04:56:00 | 五感俳句

○五感俳句0329・冷感022・波戸岡旭01・2017-05-06(土)
○「葉桜のさ揺れ読後の眼を冷やす」(波戸岡旭01)
季語(葉桜・夏) 「はざくらのさゆれどくごのめをひやす」(「俳句界201306」より引用)【→五感俳句-索引1索引2索引3 →俳人一覧(うえかきくけこしすせそちつてとにぬねのはひふへほみむめもや~)】

【鑑賞】:読書後の目の疲れを冷やすのは、葉桜を揺らす初夏の風です。さて、続きを読み進めましょうか。

 

波戸岡旭(はとおかあきら)
○好きな一句「裏山へ魚の血流す青葉冷」(『天頂』1999)02
季語(青葉冷・夏) 「うらやまへうをのちながすあおばびへ」

【Profile】:1945年、広島県出身。「」の→能村登四郎、→林翔に師事。1999年、横浜市で「天頂」創刊主宰。

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●五体俳句0329・目玉01・本郷... | トップ | ●次元俳句0330・高(空間)03... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

五感俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL