俳句の箱庭 top

お気入俳人の俳句鑑賞します。
多側面から俳句を分類します。
俳句付きイラストを描きます。

●方法俳句0331・オノマトペ040・河内静魚01・2017-05-19(金)

2017-05-19 04:56:00 | 次元俳句

○方法俳句0331・オノマトペ040・河内静魚01・2017-05-19(金)
○「さはさはと涼し和菓子の包み紙」(河内静魚01)
季語(涼し・夏) 「さはさはとすずしわがしのつつみがみ」(「俳句界201508」より引用)【→方法俳句-索引1索引2索引3索引4 →俳人一覧(うえかきくけこしすせそちつてとにぬねのはひふへほみむめもや~)】

【鑑賞】:和菓子の箱を包んでいる包紙というよりは、個々の和菓子を包む薄紙でしょう。さわさわ初夏の風に揺れるほどの薄紙です。

 

河内静魚(かわうちせいぎょ)
○好きな一句「われ佇てば一感嘆符夏木立」(『氷湖』1988)02
季語(夏木立) 「われたてばいちかんたんふなつこだち」(「俳句四季201604」より引用)

【Profile】:1950年、宮城県石巻市出身、東京都在住。幼少から高校まで福島県相馬市で過ごす。→水原秋櫻子・→加藤楸邨に師事。2001年第4回朝日俳句新人賞準賞。「馬酔木」「寒雷」を経て、2004年「」創刊主宰。「夏風」で文學の森賞準大賞受賞。

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●特集俳句0331・郵便俳句010=... | トップ | ●挿絵俳句0331・吊革に・透次... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL