本当は楽しい英文法(オックスフォード1人暮らし日記)

中世の建物と若い学生の街-オックスフォードでクラッシックギターと向きあう第二の人生
今度は英文法をご一緒に!

本当は楽しい英文法  should

2017-06-30 11:16:31 | Weblog

家から電車でひと駅で行ける「あじさい寺」と地元では言われているお寺に、紫陽花を見に行ってきました。

新聞には先週末あたりは結構人が多かったと出ていたようですが、平日の昨日はひっそりとした感じで、紫陽花によく似合っていました。 桜の花見は賑やかなのが似合うし、花それぞれで違うものですね。

近所の友人にも「今行った方がいいよ。」と勧めたいものです。

「行くべきだよ。」というふうにお勧めするときには、should でいうのが”お勧めです”

以前に、must と have to について書いたと思います。

話し言葉では、must は個人的な意見で「そうするべき」(have toでも可)一方、have toは個人的意見ではなくてルールで「そうするべき」というときに使うことが多い、と。

「素敵な本だよ。 読むべきだよ。」 It's a fantastic book.   You must read it! (個人的意見)

「この薬、1日3回服用だって。」 You have to take this medicine three times a day. (ルール)

みたいに使いますね。

must ほど強くではないけれど、「〜した方がいいよ、お勧めです。」というときにshould がよくが使われますが、must ほどでもないので、I think や 逆に、I don't think を頭につけて、少しぼやかして言われることが多いです。

It's a good book.  I think you should read it.  

(いい本だから読むといいと思うよ。)

You look tired.  I don't think you should go to work today.

(疲れてるみたいね。今日は仕事に行かない方がいいんじゃない。)

 

ついでに思い出しておきましょう!

 

日本語では「今日は仕事に行かない方がいいと思う。」と普通に言いますが、これを直訳して:

I think you should not got to work today. と英語でいうとちょっとヘンです。

英語では結論が文頭にくるので:

I don't think you should go to work today.

となります。 

逆に、これを直訳して「あなたは今日は仕事に行くべきだと思わない。」と言うと、日本語ではなんだか持って回った言い方!となりますね。

 

I think you should buy that bag. (そのバッグ買った方がいいと思うよ。

 →  I don't think you should buy that bag. (そのバッグ買わない方がいいと思うよ。)と日本語ではどちらも、「思うよ」とした方が自然です。

でも、英語で話していると、I think と聞くと、肯定だなと思い、I don't think と聞けば否定だなと思います。

だから、さっきのI think you should not got to work today.のようにI think と聞いたのに、you should not ~ と否定が続くと、「は〜?」と戸惑います。

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当は楽しい英文法  助動詞... | トップ | 本当は楽しい英文法 微妙な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。