切られお富!

歌舞伎から時事ネタまで、世知辛い世の中に毒を撒き散らす!

博多座の近所の有名なうどんやさん(かろのうろん)

2017-05-14 01:09:50 | 日日雑記
博多はラーメンだけじゃなくうどんも名物だという話は今回初めて知ったんだけど、どのガイドブックにも載っているうどん屋さん「かろのうろん」が博多座から割と近いので、昼の部と夜の部の間に行ってみました。

「かろのうろん」という店名は、「かどのうどん」という意味で、博多弁のなまりをあらわしているらしい。博多座の斜め前のアーケード街をひたすら直進。屋根が終わった辺りくらいにあるんで、舞台の幕間に食べに行くのは距離的にも時間的にもちょっと微妙かもしれない。

店内撮影禁止なんで外観の画像だけですが、狭い店内でおばさんが荷物を預かってくれたりします。わたしは名物の「ごぼう天うろん」を頼んだのですが、ごぼう天って博多以外で聞いたことないですよね。あと、ふつうはこれに「かしわおにぎり」2個で一セットを頼むみたいだけど、今回はそこまでおなかがすいてなかったんで、うろんのみ食べました。

タモリが「うどんにコシはいらない」といっているだけあって、ゆるい感じのやさしいうどんで、昆布だしのつゆもこれまたおなかにやさしかったな~。ごぼう天もシンプルだけどおいしかったです。(520円)

とんこつラーメンの濃厚さがちょっとつらい方は、博多ではうどん食べるとよいですよ。

なお、近所に有名な櫛田神社もあるので、ついでにお参りしてきました。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そもそも東京オリンピックな... | トップ | 博多の回転ずし(市場ずし魚辰) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL