切られお富!

歌舞伎から時事ネタまで、世知辛い世の中に毒を撒き散らす!

アラン・ドロンの『生きる歓び』

2017-05-17 00:00:07 | アメリカの夜(映画日記)
アラン・ドロンが引退するらしいんだけど、ニュースの類だと代表作は『太陽がいっぱい』とか『サムライ』になってしまって、なんだかわたしには物足りないんですよね。で、わたしのなかのアラン・ドロンはヴィスコンティの『若者のすべて』と『山猫』なんだけど、これもまあ月並みといえば月並みではあるんで、あえて、若くて美しかったころのアラン・ドロンが元気っいっぱいにはしゃぐ『生きる歓び』をあげておきましょうか。これは邦題も音楽も悪くないし。

『太陽がいっぱい』の翌年にルネ・クレマン監督が撮った作品で、ファシズムの影が忍び寄るイタリアが舞台の作品なんだけど、コミカルというか悲愴な感じじゃないところがよいんですよね。たとえば、食べ物を凶器にして庶民が闘う場面なんか。カメラは『大人は判ってくれない』のアンリ・ドカで、コントラストのはっきりとしたモノクロ映像がシャープで、冒頭の雨のシーンはなかなかな見ごたえがあります。

でも、そんなことよりなにより、アラン・ドロンの相手役で、目と目の間の離れた美人バルバラ・ラスの魅力がこの映画では光っていて、二人が出会うシーンなんかじつに映画っぽくてよいんです(これはご覧になって判断してください!)。

で、この女優、ポーランド出身で助監督時代のポランスキーと結婚してたこともあるという人なんだけど、トリュフォーなんかが参加しているオムニバス映画『二十歳の恋』のポーランド編にも出演しているんですよね。このポーランド編はアンジェ・ワイダが監督してるんだけど、これがワイダの最高傑作なんじゃないかというほどの短篇で、冒頭のトラの檻の前でバルバラ・ラスが恋人とキスしてるシーンなんか妙にカッコいいです。

と、この辺でアラン・ドロンに話を戻すと、『生きる歓び』以外でわたしが忘れがたいのは、ミック・ジャガーの元恋人だったことでおなじみマリアンヌ・フェイスフル主演の『あの胸にもう一度』で、サディスティックな彼氏役でアラン・ドロンが出演してるんですよね。これはちょっと変わった不気味な役で、原作になっている『オートバイ』という小説もよいです。

他だと、純粋に映画として凄いと思ったのはジョセフ・ロージー監督の『暗殺者のメロディ』かな~。

というようなことで、とりとめがないんで今日のところはこの辺で…。

<過去に書いた関連記事>
・『ロマン・ポランスキー 初めての告白』 ローラン・ブースロー監督
・『あの胸にもういちど』 ジャック・カーディフ監督


IVC BEST SELECTION 生きる歓び [DVD]
クリエーター情報なし
IVC,Ltd.(VC)(D)


山猫 4K修復版 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
KADOKAWA / 角川書店


若者のすべて Blu-ray
クリエーター情報なし
IVC,Ltd.(VC)(D)


あの胸にもういちど [HDニューマスター版] Blu-ray
クリエーター情報なし
TCエンタテインメント


オートバイ (白水Uブックス (54))
クリエーター情報なし
白水社



暗殺者のメロディ [DVD]
クリエーター情報なし
アップリンク
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「徹子の部屋」の團十郎未亡... | トップ | 婚約報道をきっかけに。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL