切られお富!

歌舞伎から時事ネタまで、世知辛い世の中に毒を撒き散らす!

夏の終わりを感じる色々・・・。

2012-08-31 23:13:42 | 日日雑記
まだまだ熱いけど、8月31日といえば、夏の終わりって感じがしますよね。そこで、晩夏ってイメージのあれこれをつれづれなるままに…。

_討硫昏 カーソン・マッカラーズ 著

去年か一昨年にも取り上げたんだけど、残念ながら絶版です。従来、「結婚式のパーティ」というタイトルで翻訳されていたカーソン・マッカーラーズの作品で、『夏の黄昏』は加島祥造さんの新訳。

背ばかり高くて友達のいない孤独な少女・フランキーのひと夏を描いた作品。

マッカーラーズは『ティファニーで朝食を』で有名なトルーマン・カポーティの「姉貴分」としても有名な女流作家でした。

⊃寝討涼襪量粥‖臑豈唹

アルバム『ナイアガラ・カレンダー』収録の一曲。この曲の前に、ビーチ・ボーイズへの熱いオマージュ「泳げカナヅチ君」があって、コチラもわたしは大好きですが(スネアの音がまさにビーチ・ボーイズ!)、しんみり夏の終わりということなら、やっぱり「真夏の昼の夢」でしょう。2月の「ブルーバレンタインデー」と対になる8月の名曲!

ピクニック ジョシュア・ローガン監督

映画としてはたいしたことないんですが、晩夏の気分が横溢した作品で、カメラがフリッツ・ラング監督『死刑執行人もまた死す』のジェームズ・ウォン・ホウ。ウィリアム・ホールデンとキム・ノヴァクが主演なんだけど、キム・ノヴァクの妹役で出ているスーザン・ストラスバーグが良いんです。彼女は絶対わたしの分身です!

こい里佞拭,茲靴發箸个覆福|

これは知り合いに薦められて読んだ本。よしもとばななは長らく読んでなかったのですが、この本の「日常のかけがえのなさ」みたいな感覚はよいです。こどもが読んでも大人が読んでも、よいんじゃないかな。そういえば、『TUGUMI』もあったことだし、ばななさんは晩夏が似合う作家なのかもしれない。

以上、つれづれなるままに書きました。おしまい

夏の黄昏 (福武文庫)
クリエーター情報なし
福武書店


NIAGARA CALENDAR
クリエーター情報なし
ソニーレコード


ピクニック [DVD]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


海のふた (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論新社


マリリン・モンローとともに 姉妹として、ライバルとして、親友として
クリエーター情報なし
草思社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月29日(水)のつぶやき | トップ | サロネン&フィルハーモニアが来... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL