切られお富!

歌舞伎から時事ネタまで、世知辛い世の中に毒を撒き散らす!

「徹子の部屋」の團十郎未亡人出演回、観ました

2017-05-16 00:53:06 | かぶき讃(トピックス)
待ちきれない思いで観ました。個人的にはいまだに團十郎ロス状態のわたしです。若いころの團十郎の貴重映像に、坊主になる前の海老蔵など、良い番組だったと思います。

團十郎夫人のお姿は何度も歌舞伎座でお見かけしていますが、お見合いの経緯など興味深かったですね~。当時の團十郎はまさに梨園の貴公子ですから、團十郎が飲みに行くのを断られてかわりに朝食を誘われ、眠そうな顔で朝食につきあった話なんか、人柄を感じさせる逸話でした。また、結婚四日前の「徹子の部屋」出演時の音声なんて、よく残っていたなという感じ。

また、海老蔵17歳当時の痩せてややロン毛時代の映像はなかなか神経質っぽくて、坊主頭になる前の海老蔵はこうだったなあ~、坊主頭になった段階でひとつ自己改造した感じなんだろうなとあらためて思いました。(ま、成田屋の跡取りになるってことは、相当なストレスなんでしょうから。だから、やんちゃな時代があったって仕方がないんだと個人的には思うな~。)

病後の團十郎が随分おしゃべりに変わったことや、團十郎の描いた絵の数々(とくに干支をあしらった絵文字)なんか、なかなかのものでした。團十郎は多芸なのは生前から有名でしたし、そういえば、梨園一の将棋の腕前ともいわれてましたよね~。(匿名でネット対局をよくやっていたと、以前本人がインタビューで語っていた。)

ま、個人的には動いている團十郎のあのバリトンボイスを久々に聞けてうれしい番組でした。

しかし、團十郎夫人の本の宣伝はなしだったけどいいんでしょうか、徹子さん!

成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの
クリエーター情報なし
世界文化社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古今亭志ん朝に「野ざらし」... | トップ | アラン・ドロンの『生きる歓び』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かぶき讃(トピックス)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL