切られお富!

歌舞伎から時事ネタまで、世知辛い世の中に毒を撒き散らす!

古今亭志ん朝に「野ざらし」の音源があったとは! 

2017-05-16 00:07:39 | 新釈落語噺
志ん朝が「野ざらし」をやっているという話は、京須偕充の「古典落語 これが名演だ!」という本で知ってはいたんだけど、そこに「CDはない」と書いてあったんで音源は現存しないんだと思ってました。でも、持ってる人がいたんですね。柳好や柳枝、談志や小三治とも違う、まさに志ん朝の「野ざらし」。傑作ではないかもしれないけど、いかにも志ん朝らしい明るさの一席ですね。堪能しました。

「野ざらし」 古今亭志ん朝


わりと最近出た『立川談志ドキュメント』というCDの中で、談志が前座に「野ざらし」を教えている音源があって、柳好と柳枝の「野ざらし」の違いなど丁寧に教えているのが面白かったものだから、柳好、柳枝はもちろん、談志でもいろんな音源を聴き比べて楽しんでいたんだけど、まさか志ん朝のモノが出てくるなんて、凄い時代だなと思いました。

大須演芸場のCD全集にもなかったですものね。ただただ、ありがとうと言いたい。

PS:後で調べたら、県民ホール寄席と東宝の音源に「野ざらし」のCDが出ているんですね。最近の音源はチェックしてなかったなあ~。

ドキュメント立川談志
クリエーター情報なし
ビクターエンタテインメント


古典落語 これが名演だ! (光文社新書)
クリエーター情報なし
光文社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌舞伎ファンは再見必須!大... | トップ | 「徹子の部屋」の團十郎未亡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL