メタボッチャーの風にのって

出会いそして再会
笑顔を求めて隼号に乗り
鳥撮りながら全国各地翔びまわります。
好奇心の塊です。
by 幸 喜心

まつさかにて(29)

2016年12月31日 21時01分37秒 | 野鳥
同じく11時26分
ダイシャクシギの杓子が変異
サに変わってダイサギに化ける。


(仮の画像)
土岐市の無形文化財だった故加藤仁(しのぶ)さんの油滴天目の花器
陶器(冬季)の花器(夏季)とはこれ如何に?
いつ食べてもナッツと言うが如し

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まつさかにて(28) | トップ | 年賀 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。