メタボッチャーの風にのって

出会いそして再会
笑顔を求めて隼号に乗り
鳥撮りながら全国各地翔びまわります。
好奇心の塊です。
by 幸 喜心

希少部位(シャトーブリアン)

2016年09月19日 23時10分16秒 | グルメ
シャトーブリアン(Chateaubriand)とは牛のテンダーロイン(ヒレ肉)の中で中央部の最も太い部分で牛1頭からとれるヒレ肉およそ4kgから600グラム程しか取れない希少部位で、吾輩が1番好きなお肉である。
初めて食べたのは滋賀県長浜市の黒壁ガラス館そばの「毛利志満」で小塙店長がいるころだった。
近江牛のシャトーブリアンをステーキでいただいた。
それ以来、シャトーブリアンが食べたい!シャトーブリアンが食べたい!と「毛利志満」に通ったが二度とあうことはなかった。
そして、今年になり我が家のそばの「黒家」で7月29日に出遭った。
飛騨牛のA5ランクのシャトーブリアンをヒマラヤの岩塩と黒コショウかけて焼き本山葵で食す。
これ最高の至福、究極の希少部位だ!。
この部位にはまってしまった次第。
VICTORY サインはV




今年6回くらい食した。
そして、「黒家」が吾輩の1番お気に入りのお店になった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016舳倉島抑留日誌第6日目 ... | トップ | 2016舳倉島第6日目(5/5)の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。