メタボッチャーの風にのって

出会いそして再会
笑顔を求めて隼号に乗り
鳥撮りながら全国各地翔びまわります。
好奇心の塊です。
by 幸 喜心

IN 今西(4)

2017年01月04日 17時58分11秒 | 野鳥
8時40分
オオヒシクイの飛翔


(仮の画像)
アトラジェーネ系クレマチス
「アルピナ」の実生
学名は Clematis alpina (L.)Miller
1768年に英国の植物学者フィリップ・ミラー(Philip Miller)さん(1691-1771年)が「Gardeners Dictionary ed. 8, 9」に載せました。
リンネの「L.」の文字が( )内に表記されています。
これはリンネが付けた学名を変えたということです。
リンネは1753年の「植物の種(Species Plantarm)」で、アルピナはクレマチス属のアルピナではなくて、アトラジェーネ属のアルピナ( Atoragene alpina L.)と載せました。
それを1768年にクレマチス属に変えたのがフィリップ・ミラー(Philip Miller)さんだということです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IN 今西(3) | トップ | IN 今西(5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。