☆すみれ本舗

すみれと一緒にあちこち・・そっち。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不思議なコ。

2008-03-03 | 誰か教えてください。



長野に行ったときに去年出逢ったスミレです。
えっと。見たとたん、なんか違う。そんな香り漂うスミレちゃんでした。

*サクラスミレ*に似てるよね?
でも、花弁の色がちょっと違うでしょ。
ポツリポツリと咲いてました。




横顔も。




葉っぱも。

あ~わからない。
*コワシミズスミレ*かなぁ~とか思ったけど。
違うのかなぁ~。

スミレシーズン前なので、去年の不思議なスミレシリーズをちょこっと連載していこうかな?

あれ?なんか違う。そんなスミレ。

この記事をはてなブックマークに追加

今年の1番。

2008-02-17 | ミヤマスミレ類


今年の1番見つけた。
あ、2番。でもわたしが見つけた1番。
(庭から外の範囲で)

ちょっとヨレヨレ。
寒いから頑張った証拠。

次の蕾は開くのかな~。

この記事をはてなブックマークに追加

その後。

2008-01-27 | その他
昨日よりちょこっと暖かい日曜日になってくれたかな。
相変わらず厳しい冷たい空気だけれど

先週のスミレの蕾のことを書いてみますね。

ブナの親分の根元で、早すぎた春を勘違いしたニオイスミレ。
1本の蕾が脹らんで開花を待つ状態だったのに・・・。
・・・が先週のこと。

やっぱり茶色に変わってて開くことはなく
花茎はそれでもしゃんと背伸びしたまま枯れていました。

あ~、かわいそうに。
開きたかっただろうね、ごめんね。
でもでも、今度生まれ変わったらきっときっと
香る花を咲かせてね。
蕾をそっとなでたら、カサッと乾いた音がしました。

1つの蕾だけれども
枯れてしまったスミレだけれども
キミのおかげで
わたしの気持ちがちょっぴりスミレ色に灯った先週。


まだ寒い日は続きますね。
風邪ひかないよ~に、乗り切っていきましょ。
春はそこに。

この記事をはてなブックマークに追加

休日のある日。

2008-01-20 | その他
少しだけ陽だまりのある日に、庭に出てみると
雨の気配のない冬の日は、土の色が白くなるくらいに乾燥していて
木々は呼吸が苦しそうだった。
これじゃいけないな・・・。
そ~思って水をまく決心をした。
決心とゆうのは、水にさわるのは冷たくて、
しかもうちのホースはところどころに穴があいていて
もしかすると、いや、絶対にしぶきが飛んできてタイヘンなことになる。
袖とかズボンも濡れちゃうし、それ以前にホースにさわるのも冷たいから。

ど~しよっかな?このまま引っ込んじゃおうかな?
でも、きっとみんな喉からからだよね。


ちょっとの猶予のあと、姿勢を低くしてできるだけ
地面から飛び散る洗礼を受けないよ~にして水をあげればいいかも?

そろそろとコックを開けて水をかけるよ~にして散水開始。
ブナも知らない名前の木もブルベリーもバラも、
あっとゆう間に吸い込んでいくから、ごくごく飲み込んでいくから
巡回してもう1度初めからまいていく。

木の幹に水をかけるといきいきとした色になっていく。
ちょろっと水が手にかかると案外冷たくないもんだ。

ブナのボスに散水しながらあれ?!と思う。
あれ?スミレの蕾だ。

ぎょっ!としてじっくりみると確かに1こだけ咲こうとしている。
このスミレは去年買って庭にうつした外来種のスミレ。
ニオイスミレって書いてあって。
香りがやんわりやさしかった。

でも外側の花びらは、あんまし元気なくて色あせている。
ちょっと前の暖かい日を春の声と勘違いしたのかもしれない。
急いで準備してきたのだろうか。

今夜から雪の予報。
守ってあげたいけど、ど~したらいいだろう。
指で花弁を無理やりひらいてみよーとするけど。
手のひらで囲って温めてあげよーとするけど。
よく見るとちじこんだ白い蕾もまだ他にあって。


去年の初秋に尾瀬でみたオオタチツボスミレを思い出した。
今頃雪の下に眠っているんだろうね。
でも、咲き姿を少なくても4人に見てもらえた。

けど、このスミレはこのまま枯れてしまうのだろうか。
普段なら忙しくて見つけてあげれなかったスミレ。
見つけなければ気づかなかったことだね。
嬉しさと哀しさと半分半分。

この記事をはてなブックマークに追加

ひっそり。

2007-12-30 | その他
久々です。ご無沙汰です。すみませんです。

最近思うのは、あぁ~すみれに逢いたいなぁ~。
あと2ヶ月したらもしかして逢えるかもしれない。
あの道やこの道、大地から教えてくれる春に逢いたいな。

雪の前に偶然見つけたすみれ。
今年最終の出逢いでした。

今日はちょっとあたたかな土曜日で、ちょっとうろうろしたら
マンジュリカは、葉っぱが黄色くなってて寒そうに固まってました。

あと少ししたら濃い花びらを開いてくれる。
元気の種をポンポン飛ばしくれるはず。


来年もよろしくお願いします。





この記事をはてなブックマークに追加

なんでしょ。

2007-06-15 | 交雑種
とぼとぼと迷いながらまた来ちゃいました。
今度は一回聞いただけで来れたみたいで良かった。
いつも同じとこで道迷いしちゃうけど
道はどこかで繋がっているのね。
同じ道順で到着はなかなか難しいけど。

そんで、スミレさん。
ほっとこ行くと
こんもりブーケ。



すんごいキレイでした。
シハイスミレって孤独に咲いているよーなカンジなのはわたしだけ?
こんな大株珍しいなんて思っちゃう。
ちょっと終わりかけだけど
小さくなって写真。

そーすると
なんかゴージャスな蕾軍団。
そんなに気にしなくて写真してたらしい。



こんなカンジで。
もう1枚ね。



写真はこの2枚しかありません。

で、後日、イカリソウとかメールを上州さんに鑑定お願いしました。
そして、なんの気なしに一緒に

「このスミレさん、なんでしょ?」

上州さんからお返事頂いて
「交雑種かもですね、開花を楽しみにしています」って。

わたしのヘタな写真で判断いただくのですから
申し訳なかとです。
1、距がシハイスミレと違うこと。
2、葉っぱのカンジが違うこと。
だそーです。

上州さんはお忙しいのにいつも丁寧なコメントを頂き
とっても感謝です。
大先生・・・スミレの季節メールばかりですみませんです。

え~、そーなの~

いつも出逢いは偶然なのです。
じゃ、確認に行かないと、ね。



この記事をはてなブックマークに追加

偶然でいつも始まる。

2007-06-10 | 交雑種
今年は少し早めにのぞいてこよー。
いつもの山の登山口に向かって行った・・・はず。
でも、たどり着けずに困った困った。
道いく人に尋ねてばかり。もー10時半だよ?

とぼとぼ行くと、あら、スミレさんがいっぱい。
らっきーかも?!



その場では全然気づかずに。
それも一ヶ月ちかくしてから
・・・あれ?
なんかヘンかも?

こんなときは、上州さ~ん、お願いm(゜- ゜ )カミサマ!
もしかしたら、スワスミレかもしれませんよ?



めずらしいの見つけましたね。

え。。そーなんですか?
そーなんですか!そーーなんですかっ!

エイザンスミレ×ヒカゲスミレ
だ、そーです。



葉っぱがガチガチしててなんかヘンだったので
写真しといてよかったです。
とても嬉しかったです。
咲いててくれてありがとー。



出逢いってホント偶然ですよね。
でも、偶然は続いたのです。
続く。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のヒメさま。

2007-05-22 | ミヤマスミレ類
いつもの土塀を住処にしてる。
この家の主さまっていいなぁ~。



日差しが眩しすぎます。
日焼けしそーなヒメさま。



紫色のこの手のスミレさんたち、あんまし判別できません。
同じよ~に見えてしまう。
で、写真で見たら、、、もしかしてヒメさま?



近県カタクリを見にきたのだけど、
気づいたら駐車場にヒメさま?



カタクリを見にきて5種類のスミレさんとご対面。
なんか嬉しい。

そして・・・
高尾のバスに乗り遅れたついでに確認。
今年最終、ヒメさまのお姿。
ちょこんとこのコ一人で咲いていました。

また来年、逢えるといいな。




この記事をはてなブックマークに追加

フモト屋敷。

2007-05-16 | ミヤマスミレ類
ここはどんなスミレちゃんに会えるかしら。
みんなは頭上の山菜に
足元の山菜にキョロキョロ。

そんななか、ひとりだけスミレ探してキョロキョロ。





ここのフモトスミレさんは全てフイリで(*^-^)ニコ
いっぱいいっぱい(*^m^*) ムフッ




とっても紫の濃いひとたちばかり。
それにはずかしがり屋さんばかり。



フモト屋敷によーこそ。。
あ、このすみれ本舗も最近フモト屋敷っぽいかも。

この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ終わりも?

2007-05-10 | ミヤマスミレ類
今年の初めてさんは、小指くらいだった。
いろんなところで会えました。

小さくなって写真とかしていると
*何を撮っているの?*とか

*何か珍しいものありましたか?*とかとか

小さくならないと
ってゆーか思わず小さくなってしまう。



昼間の道も尾根も明るくてわいわいしているけど
やがて夜になったとき
今日のスミレも夜のなかにいるのかなぁ~って思う。
風に揺れているのかなぁ~とか
雨に濡れているのかなぁ~
なんて思う。



そして、来年も逢えたらなぁ~。
咲いててくれるかなぁ~。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加