「宮さんの木工房」休憩室

eoブログが2017年3月末で閉鎖のため移動
「宮さんの木工房」工房だより、茶処「茶源郷和束」案内、旅の記録ほか

妙高高原・黒姫高原・志賀高原・軽井沢の旅②

2017年05月18日 | 旅行
旅のアルバム二日目
妙高高原を後に野尻湖に向かった。
廻りの山々を見るため遊覧船に乗ろうと考えていた。
しかし、残念ながら連休後の点検のため運行休止中。実際の所は連休明けは客も減るから・・・ということだろうと思う。
アヒルの足踏みボートは可能だったが、さすがに老人二人でこれに乗るわけにも行かない。断念!








遊覧船チケット売り場のスタッフから黒姫高原を勧められた。
少し風は強かったが、なかなか広々開放的な高原だ。
黒姫高原児童館前の花も素晴らしいとのことだったが、水仙は見事だったが、他は現在花壇の手入れ中。
















次は志賀高原へ
次第に高度を増していく。
背式がこれまでとは随分変わってきた。
道路際でも温泉が湧き出している。辺り一帯硫黄のにおい。
やがて、霧に包まれてしまった。
おそらく20m先が見えない。先のカーブが見えないので要注意!










やがて、「鬼押出し園」に到着。
ここは、もう50年以上も前に訪問したことがある。何しろごつごつした岩むき出しの地がはっきり記憶に残っていた。
今から250年以上前(1783)に浅間山が噴火し、この地にその溶岩が固まったとのことだ。
この場所には、浅間山噴火の犠牲者を供養するために、浅間山観音堂が設置されたとのことだ。
持参していた朱印帳に記して頂いた。














この日の宿泊は、中軽井沢にある「パイプのけむり」。
作曲家の團 伊玖磨(だんいくま)氏の著書に「パイプのけむり」があり、一瞬にして宿泊先を決定した。
どうやら社長さんが音楽好きとのことだ。
そこに向かう途中、「白糸の滝」の看板があり立ち寄ることに。
余り期待していなかったが、現場に行ってみて驚かされた。実に素晴らしい!
この滝が自然にできたものだとは信じがたいほどだ。
「天然記念物」であることや「日本の滝百選」にも選ばれ、また近年、「世界文化遺産」にも登録されたとのことだ。


















宿舎に向かったが、途中、旧軽井沢の街を散策してみた。驚いた! 何に驚いたか! 歩いている人たちが、すべてと言っていいほど外国人ばかりだ。とは言ってもそのほとんどが東洋系の人たちだ。すれ違うたびに聞こえてくる言葉に日本語は全くない。との各驚かされた。翌日再度ゆっくり歩いてみることにし、宿に向かった。夕食は宿のそばの「馳走亭」を予約していた。









「パイプのけむり」には大勢宿泊されていたようだが、のんびりと湯につかりこの日を修了。

旅の3日目は、続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニチュアダックス肖像 | トップ | 妙高高原・黒姫高原・志賀高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。